MENU


日韓文化交流基金
公開中・公開直前の映画

前月昨日2018年 8月 16日(木)明日翌月

年間表示 月表示週表示


【十和田市現代美術館開館10周年記念展】スゥ・ドーホー : Passage / s パサージュ
十和田市現代美術館の10周年を記念して開催
アジアを代表する世界的美術家
スゥ・ドーホーの個展


◆作品
本展「Passage/s」で、韓国出身の作家スゥ・ドーホーは、その半透明の布を使ったシリーズの最新作を展示。
また移動と空間をテーマにした日本初公開映像作品も展示する。
これらの作品は、いくつかの場所とその文化を経験するときに見えてくるものを通して、人間性やアイデンティティとは何かという、根本的な問いを投げかけるものである。


Photo image:《Hub, 310 Union Wharf, 23 Wenlock Road, London, N1 7ST, UK》 Photo by Taegsu Jeon
Courtesy the artist, Lehmann Maupin, New York, Hong Kong and Seoul and Victoria Miro, London/Venice(参考画像)



《コーズ・アンド・エフェクト》2008年
Photo by Mami Iwasaki
Courtesy the Artist and Lehmann Maupin Gallery, New York and Hong Kong


◆スゥ・ドーホー
 
1962年韓国生まれ。ソウル大学校卒業後アメリカに渡り、ロードアイランド・スクール・オブ・デザインで絵画を学び、BFAを取得、イェール・ユニバーシティ・スクール・オブ・アートで彫刻を学び、MFAを取得。ロンドン、ニューヨーク、ソウルを拠点とし、家や家の中のアイテムを象った彫刻と、没入感のあるインスタレーションを通して、異なる文化間を移動するときに感じられる気持ちを表現しつづけている。半透明の布を用いた彫刻のシリーズは、彼がそれまで住んだ空間の手触りと繊細な細部を再現するもの。これらの作品は軽くて持ち運びができ、どんな場所にでも設置できるもので、スゥ自身によって「スーツケース・ホーム」と呼ばれている。

Photo by Daniel Dorsa
Courtesy the Artist and Victoria Miro, London and Venice


◆会場
十和田市現代美術館【アクセス】
〒034-0082 青森県十和田市西二番町10-9


◆会期
2018年6月2日(土)〜10月14日(日)


◆時間
9:00〜17:00(入館は閉館の30分前まで)


◆休館日
月曜日(月曜が祝日の場合その翌日)
ただし8月6日(月)、13日(月)は臨時開館。


◆料金
企画展+常設展セット券1200円。企画展の個別料金は一般800円。
団体(20名以上)100円引き。高校生以下無料。


◆主催
十和田市現代美術館、十和田市


◆後援
東奥日報社、デーリー東北新聞社、青森放送、青森テレビ、青森朝日放送、
十和田市教育委員会


◆キュレーター
 
金澤 韻(かなざわ・こだま)、南條史生


※詳しくは【十和田市現代美術館】をご覧ください。
【展示会】THE GAME MUST GO ON - 栗原亜也子+ヨム・ソジン
HRDファインアートでは6月から8月にかけて、「The Game Must Go On」と題して、
栗原亜也子とヨム・ソジンの日韓作家2人展を開催。

栗原亜也子もヨム・ソジンもともに、ジャンルや素材の壁にとらわれることなく、
絵画や映像、インスタレーションといった多様な表現メディアを自由に横断しながら作品制作を続けている作家である。


◆作品

栗原亜也子
"Mind Games - I am Here. - 20180303-20180318" | インスタレーション(公開制作風景) | 2018年
(Photo by Yasuyuki Kasagi)


ヨム・ソジン
"Singapore" | 映像作品 | 3分36秒 | 2016年


◆会期
2018年6月9日(土)〜8月18日(土)11:00〜18:00 
※会期中、金・土曜日のみオープン
(日〜木曜日は事前のアポイント受付)


◆会場
HRD ファインアート【アクセス】
京都市上京区上御霊竪町494-1
京都市営地下鉄烏丸線「鞍馬口」駅下車徒歩1分(上御霊神社北隣、鳥居に向かって左へ約50メートル)


◆内容
栗原は、ボードゲームのひとつである「オセロゲーム」のルールに則して、グリッドのマス目の中にスタンピングやドロッピングの手法で2つの色を交互に積み重ねていくことによって画面を構築していく作品シリーズ「Mind Games」に継続的に取り組んでいます。
観客参加によるパフォーマンスや映像も取り入れながら、世界や社会の持つゲーム性やルール性、そしてそれらに対する問いかけが重層的に暗示されています。
本展では、会場内でライブペインティングのパフォーマンスも行い、インスタレーションが会期を通じて刻々と変化し続けます。

ヨム・ソジンは、デジタル化し、インターネットが大きな影響力を持つようになった現代社会における新たな人間関係や人間性の在り方についての探究を続けています。
ネットというバーチャル空間で、私たちはまるでロールプレイングゲームのキャラクターのように、仮想の役割を演じることを強いられ(あるいは自らすすんで演じて)います。
ヨムの作品制作は、そうした仮想と現実の間のバランスを見出す作業のようにも見えます。本展では、「世界の実験場」「人工国家」とも呼ばれるIT先進国シンガポールを訪れた作家が、現地で得た印象をもとに制作した作品シリーズを展示します。

The game must go on. ゲームは続く。私たちは人生という終わりなきゲームに興じながら、何を勝ち取り、何を失っているのでしょうか。真摯さのなかに独特のユーモア感覚も垣間見せる栗原亜也子とヨム・ソジンの2人の作品は、改めてこの根源的な問いと向き合う機会を私たちに提示してくれます。


◆イベント
★オープニングレセプション:2018年6月9日(土) 17:00〜
(レセプションに先立ち15:00〜16:30に栗原亜也子による公開制作あり)

★栗原亜也子によるオセロペインティング・ワークショップ:2018年7月7日(土)(時間等詳細未定)


◆主催
HRDファインアート


◆問合せ
HRD ファインアート(担当:原田)
TEL:090-9015-6087 E-mail:info@hrdfineart.com


※詳しくはHRDファインアート【ホームページ】をご覧ください。
【映画】『沈黙、愛』
愛する恋人を殺された、容疑者は娘。
チェ・ミンシク、不良娘に翻弄・苦悩!
刑務所で親子ゲンカ勃発!?



ⓒ2017 CJ E&M CORPORATION, YONG FILM ALL RIGHTS RESERVED

STORY
巨大ゲーム会社の代表を務め、様々なビジネスへの投資も行うブローカーでもある
イム・テサン(チェ・ミンシク)は、全てを手に入れた男だ。
権力、富を持ち、そして愛さえも手に入れ輝かしい人生をおくるイムだったが、
彼の婚約者で有名歌手のユナ(イ・ハニ)が無残に殺され、
娘のミラ(イ・スギョン)が殺人の容疑で逮捕される最悪な事態に見舞われる。
娘の潔白を証明するため、イムは自身で事件についての調査を開始し、チェ・ヘジュン(パク・シネ)という若い弁護士を雇う。
検察当局と弁護側双方の証言は食い違い、法廷闘争はヒートアップしていく。
そんな中、ユナの熱狂的なファンを公言するキム・ドンミョン(リュ・ジュンヨル)が現れ、
ユナが殺された事件現場の監視カメラの映像を見たと主張し、事件は思わぬ方向へと向かっていく…

7月28日(土)よりシネマート新宿・心斎橋他全国順次ロードショー

2017|韓国|125分|カラー|シネスコ|5.1ch|原題:침묵|
日本語字幕:石井 絹香|配給:ツイン 

監督:チョン・ジウ『ウンギョ 青い蜜』
出演:チェ・ミンシク『オールド・ボーイ』『悪魔を見た』
   パク・シネ『あの日、兄貴が灯した光』
   リュ・ジュンヨル『タクシー運転手 〜約束は海を越えて〜』
   イ・ハニ『操作された都市』
   イ・スギョン『コインロッカーの女』
【映画】『王様の事件手帖』
オレ様な王様イ・ソンギュンと、愛されキャラな新人史官アン・ジェホンの愉快なタッグ!!


ⓒ2017 CJ E&M CORPORATION, FILM COMPANY RAM. ALL RIGHTS RESERVED

STORY
時は1468年、漢陽(かんよう)。全ての事件を自身で見聞きし解決しないと気が済まない聡明な王様、睿宗(イェジョン)(イ・ソンギュン)。そんな王を補佐するために学識、家紋、ルックス(?)は勿論、一度見たものは絶対に忘れない天才的な記憶力を持つ兼ね備える新人史官のイソ(アン・ジェホン)が任命される。やる気は満々だが、間の抜けた行動で王の厳しい視線を浴びるイソ。そんなある日、町中で突然民の頭が燃え出す怪奇な事件が発生する。王は科学的な知識を用い、イソは全ての見聞を総動員し、昼は国事に勤しみ、夜な夜な秘密捜査の為に町へ出かけていく…。

7月28日(土)よりシネマート新宿・心斎橋他全国順次ロードショー

2017|韓国|114分|カラー|シネスコ|5.1ch|日本語字幕:李 英愛|配給:ツイン

監督:ムン・ヒョンソン『ハナ 奇跡の46日間』
出演:イ・ソンギュン「コーヒープリンス1号店」
   アン・ジェホン『操作された都市』
   キム・ヒウォン『名もなき野良犬の輪舞』ほか
【映画】『朝鮮名探偵 鬼<トッケビ>の秘密』
満月の日、鬼<トッケビ>たちの力が最も強くなる…


ⓒ2018 SHOWBOX AND GENERATION BLUE FILMS ALL RIGHTS RESERVED

STORY
切れ者だが女に弱い名探偵キム・ミンと、愛嬌が売りの相棒ソピルは、不思議な火によって人々が焼け死に、遺体に血を吸ったような跡がある事から「吸血怪魔連続殺人」と呼ばれる事件を調べていた。捜査を進める中で、二人は何度も若い美女(キム・ジウォン)に遭遇する。彼女は記憶を失くし、自分の名前さえ分からないでいた。彼女が何者かを明らかにする唯一の手掛かりは、人間とは思えない怪力の持ち主だという事だけ。キム・ミンは女性と一連の事件が関連していると直感的に感じ、名探偵コンビは謎めいた美女とともに事件を追いかけ始める。

7月28日(土)よりシネマート新宿・心斎橋他全国順次ロードショー

2018|韓国|120分|カラー|シネスコ|5.1ch|日本語字幕:岩井 理子|配給:ツイン 

監督:キム・ヨクユン『朝鮮名探偵2 失われた島の秘密』
出演:キム・ミョンミン『六龍が飛ぶ』
オ・ダルス『殺人者の記憶法』
キム・ジウォン「サム、マイウェイ 〜恋の一発逆転!〜」
イ・ミンギ「タルジャの春」

  年       <今日>
公益財団法人 日韓文化交流基金|プライバシーポリシー