MENU


日韓文化交流基金
公開中・公開直前の映画

前月昨日2019年 3月 2日(土)明日翌月

年間表示 月表示週表示


キム・ヒョンジョン個展「Razzle Dazzle」
HRDファインアートでは、2019年の最初の展覧会として、韓国の画家キム・ヒョンジョンの個展「Razzle Dazzle」を開催
本展は同作家の日本初個展となる




◆会期
2019年3月1日(金)〜3月29日(金)※日・月・火休廊
水・木曜日 11:00〜15:00   金・土曜日 11:00〜18:00 


◆会場
HRD ファインアート【アクセス】
京都市上京区上御霊竪町494-1
京都市営地下鉄烏丸線「鞍馬口」駅下車徒歩1分(上御霊神社北隣、鳥居に向かって左へ約50メートル)


◆内容
1982年生まれのキム・ヒョンジョンは、日常の中で出会う何気ない風景や景色、情景をテーマに、微細な筆触を薄く執拗に重ねていくことにより、高い写実性をまとった絵画作品を制作している絵画作家である。題材となる風景は、作家自身が実際に体験し遭遇したものである場合もあれば、インターネットの検索から見つけだしたりしたものである場合もあるが、いずれにしても写真や画像というかたちで、生身の記憶や経験からはいったん切り離されたところに出発点が置かれている。

キム・ヒョンジョンは、そうして対象化した、没個性的な風景や事物と、時には数カ月の時間をかけて、キャンバス上で絵筆を媒介として向き合い続ける。ありふれた題材、綿密なプロセス、そして完成した作品に内在する時間の蓄積と作者の感情とが、複雑な織物のような重層性を生み出し、それがさらに、私たち観る者一人ひとりの内なる記憶や感情に作用することで、表層の写実性にとどまらない「リアリティ」をもって訴えかけてくる。

本展覧会のタイトル「Razzle Dazzle」は「活気あふれる華やかさ」や「きらめき」を意味し、ショービジネスの世界でしばしば使われる俗語である。ありふれた、物寂しさも漂う光景が、キム・ヒョンジョンの絵画を媒介としてまばゆい感情の輝きを放つ瞬間をぜひ体感ください。


◆主催
HRDファインアート


◆問合せ
HRD ファインアート(担当:原田)
TEL:090-9015-6087 E-mail:info@hrdfineart.com


※詳しくはHRDファインアート【ホームページ】をご覧ください。
14時00分〜16時00分 閔栄治ミニライブと語り
韓国伝統音楽界の異端児の異名を持つ閔栄治(ミン・ヨンチ)ミニライブと語り 


◆閔栄治プロフィール
中学まで大阪で育つ。韓国国立国楽高等学校(※国楽:韓国伝統音楽の総称)を経てソウル大学音楽学部 国楽科で修学。1992年サムルノリ競演大会個人部最優秀賞。90年代、POPSやテレビなどのメディアに進出し、「江南スタイル」のPSY(サイ)などとも楽曲を作るなど、若手先駆者の一人として伝統音楽の大衆化を試み、ジャンルの違う音楽とのコラボレーションにも精力的にチャレンジして「韓国伝統音楽の異端児」と呼ばれる。
2009年に立ち上げた公演「新韓楽」では、ジャズとのコラボ―レーションを行い、アルバム「HANA」(2015年/ユニバーサルミュージック・ジャパン)をリリース。2013年より韓国での活動を再開し、韓国音楽シーンに多大なる影響を与え続けている。2014年に韓国文化芸術委員会作曲賞を受賞するなど、「大衆に楽しんで聞いてもらえる楽曲作り」も進めている。


◆日時
2019年3月2日(土)
14:00〜16:00


◆会場
NPO法人文化センター・アリラン【アクセス】
東京都新宿区大久保1-12-1 第二韓国広場ビル 8階
山手線 新大久保駅下車 徒歩10分
地下鉄副都心線・都営大江戸線 東新宿駅A1出口 徒歩8分


◆料金
1,000円 定員40名(予約制)


◆問合せ
 
NPO法人文化センター・アリラン
TEL.03-5272-5141  FAX.03-3232-0090 Email.info@arirang.or.jp


※詳しくは公式サイトをご覧ください。

  年       <今日>
公益財団法人 日韓文化交流基金|プライバシーポリシー