MENU


日韓文化交流基金
公開中・公開直前の映画

前月昨日2019年 3月 22日(金)明日翌月

年間表示 月表示週表示


キム・ヒョンジョン個展「Razzle Dazzle」
HRDファインアートでは、2019年の最初の展覧会として、韓国の画家キム・ヒョンジョンの個展「Razzle Dazzle」を開催
本展は同作家の日本初個展となる




◆会期
2019年3月1日(金)〜3月29日(金)※日・月・火休廊
水・木曜日 11:00〜15:00   金・土曜日 11:00〜18:00 


◆会場
HRD ファインアート【アクセス】
京都市上京区上御霊竪町494-1
京都市営地下鉄烏丸線「鞍馬口」駅下車徒歩1分(上御霊神社北隣、鳥居に向かって左へ約50メートル)


◆内容
1982年生まれのキム・ヒョンジョンは、日常の中で出会う何気ない風景や景色、情景をテーマに、微細な筆触を薄く執拗に重ねていくことにより、高い写実性をまとった絵画作品を制作している絵画作家である。題材となる風景は、作家自身が実際に体験し遭遇したものである場合もあれば、インターネットの検索から見つけだしたりしたものである場合もあるが、いずれにしても写真や画像というかたちで、生身の記憶や経験からはいったん切り離されたところに出発点が置かれている。

キム・ヒョンジョンは、そうして対象化した、没個性的な風景や事物と、時には数カ月の時間をかけて、キャンバス上で絵筆を媒介として向き合い続ける。ありふれた題材、綿密なプロセス、そして完成した作品に内在する時間の蓄積と作者の感情とが、複雑な織物のような重層性を生み出し、それがさらに、私たち観る者一人ひとりの内なる記憶や感情に作用することで、表層の写実性にとどまらない「リアリティ」をもって訴えかけてくる。

本展覧会のタイトル「Razzle Dazzle」は「活気あふれる華やかさ」や「きらめき」を意味し、ショービジネスの世界でしばしば使われる俗語である。ありふれた、物寂しさも漂う光景が、キム・ヒョンジョンの絵画を媒介としてまばゆい感情の輝きを放つ瞬間をぜひ体感ください。


◆主催
HRDファインアート


◆問合せ
HRD ファインアート(担当:原田)
TEL:090-9015-6087 E-mail:info@hrdfineart.com


※詳しくはHRDファインアート【ホームページ】をご覧ください。
Art Stage SAN×劇団かかし座『ごめんね、ありがとう!-るる島の秘密-』
Art Stage SAN×劇団かかし座『ごめんね、ありがとう!-るる島の秘密-』



◆内容
韓国の人形劇団Art Stage SANと劇団かかし座がコラボレーション!
人形と影絵の夢の共演でファンタジックに描かれる少女と黒猫の物語。
2012年、ブラジルの人形劇スティバル“SESI BONECOS”で出会ったかかし座とArt Stage SAN。
お互いの世界観に惹かれあい、交流を重ねて誕生した夢の合同企画公演が実現致しました!
セリフをほとんど使用しないため、言語や国境の壁を越え、すべての人にお楽しみいただけるエンターテイメント作品です。

※3月21日、26日、30日、31日は「体験コーナー」あり
※3月30日 19:00回終演後、アフタートーク開催



◆日時
3月21日(木・祝) 横浜市泉区民文化センター テアトルフォンテ ホール 10:30/14:00
3月24日(日) 横浜にぎわい座のげシャーレ 16:00/19:00
3月26日(火) パルテノン多摩 小ホール 16:00
3月30日(土) 文京シビックホール 小ホール 16:00/19:00
3月31日(日) 文京シビックホール 小ホール 10:30


◆会場
テアトルフォンテ【アクセス】
横浜にぎわい座のげシャーレ【アクセス】
パルテノン多摩【アクセス】
文京シビックホール【アクセス】


◆料金
大人…3,000円
小学生以下…2,000円
※当日は各500円増し

(公式ファンクラブ「かかし座友の会」会員)
大人…2,800円
小学生以下…1,800円
※前売り、当日同じ


◆問合せ
劇団かかし座 筺045-592-8111
営業時間 月〜金…10:00〜18:00、土…10:00〜16:00、日・祝休み
12月29日〜1月6日は冬期休暇とさせていただきます。
【公演特設ウェブサイト】
13時00分〜16時30分 東京大学韓国学研究センター 文化財研究会「文化財について語る」
東京大学韓国学研究センター 文化財研究会 「文化財について語る」



◆日時
2019年3月22日(金)13:00〜16:30


◆場所
東京大学駒場Iキャンパス 10号館3階301号室【アクセス】【キャンパスマップ】


◆内容
総合司会:外村大(東京大学韓国学研究センター長)

【第1部】 文化財をとりまく昨今の事例と動向 13時〜14時30分
 ・吉田光男(東京大学名誉教授)
  「東京大学所蔵『朝鮮王朝実録』のソウル大学引き渡しについて」
 ・森本和男(大阪経済法科大学客員研究員) 
  「文化財返還のヨーロッパの動向」 
 ・長澤裕子(東京大学特任講師)
  「対馬の盗難仏像をめぐる裁判判決文および韓国の研究動向」

休憩 14時30分〜14時45分

【第2部】フリートーク 14時45分〜16時30分
 第1部の登壇者全員および下記の専門家
 ・小島武博(対馬雨森芳洲会・会長)
 ・栗原俊雄(毎日新聞・記者)


◆申し込み

無料・事前登録要(会場が狭いため、事前の参加登録者が優先。)
下記のウェブフォームかメールで、事前に参加登録
・事前参加登録フォーム
・メールでの事前参加登録:cks@iags-cks.c.u-tokyo.ac.jp (東京大学韓国学研究センター)


◆使用言語
 日本語(通訳なし)


◆主催
東京大学韓国学研究センター


◆後援
国外所在文化財財団


◆問合せ
東京大学韓国学研究センター
Email: cks@iags-cks.c.u-tokyo.ac.jp


※詳しくは公式サイトをご覧ください。

  年       <今日>
公益財団法人 日韓文化交流基金|プライバシーポリシー