MENU


日韓文化交流基金
公開中・公開直前の映画

前月昨日2019年 8月 3日(土)明日翌月

年間表示 月表示週表示


高麗美術館展覧会『 朝鮮王朝末期の輝き・語り継ぐ朝鮮の美 』
朝鮮王朝末期の輝き  語り継ぐ朝鮮の美



朝鮮王朝(1392〜1910)は27代の王にわたり519年間存続した王朝である。
統治理念である儒教は国家儀礼や祭祀、そして民衆の生活にも影響を及ぼし、朝鮮独自の文化が発展した。
19世紀末から20世紀にかけての国難の時代にも儒教の文化の担い手である両班(貴族階級)や文人、
そして名もなき陶工たちによる朝鮮の美は輝きを放っていた。
今回の展示会では、朝鮮王朝後期の絵画や工芸品を約70点展示する。
併せて、2017年にユネスコ「世界の記憶」に登録された高麗美術館所蔵の「朝鮮通信使」資料も特別展示する。

◆日時
2019年4月1日(月)〜8月20日(火)10:00〜17:00(入館は16:30まで)
休館日:水曜日 ※5月1日(水)は開館


◆会場
高麗美術館 アクセス
京都市北区紫竹上岸町15番地 TEL.075-491-1192


◆料金
一般:500円 大高生400円 中学生以下無料
※20人以上の団体と65歳以上の方は、2割引
※障害者手帳をお持ちのご本人と付添いの方1名様無料


*詳細はHPをご覧下さい。
Art in Country of Tokyo 2019 (AICOT 2019)
東京都23区外の様々な地域の個性や自然をアートで結びつける新しい形の国際的なアート・プロジェクト


◆日時
2019年7月5日(金)〜2019年8月4日(日)
式根島&神津島:7月5日(金)〜15日(月祝)
東久留米市&清瀬市:7月30日(火)〜8月4日(日)
※開館時間は会場によって異なる


◆会場
式根島、神津島、東久留米市、清瀬市
  
式根島:東京・竹芝港から高速ジェット船で約3時間
    静岡県下田からフェリーで3時間
神津島:東京・竹芝港から高速ジェット船で3時間45分
    静岡県下田港からもフェリーで3時間
    熱海港から約2時間
東久留米駅&清瀬駅:西武池袋線池袋駅から20〜25分


◆内容
Countryはラテン語のcontrata terra(向こう側の土地)が語源で、国家を指す場合と、
地方(または田舎)を示す両方の概念が共存する言葉である。日本の首都としての東京と、
山や田畑、海のような日本を象徴する自然が凝縮している地域としての東京を表わしている。
今回は、15年以上韓国・ソウルで開催されている映画祭「EXPERIMENTAL FILM & VIDEO FESTIVAL IN SEOUL」との共同企画となり、公共や地域独自の資源を積極的に活用しながら、
現代アートの展示やパフォーマンスのイベントを開催する。


◆料金
無料(MAP代:500円)
※会場が広範囲に分布し詳細情報がMAPにのみ記載されるため、MAPのご購入をおすすめします。


◆主催
Art in Country of Tokyo (AICOT) 実行委員会


◆助成
公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京


◆後援
東京都新島村、新島村教育委員会、式根島観光協会、新島村商工会、東京都神津島村、神津島村教育委員会、東久留米市、清瀬市、清瀬市教育委員会、東海汽船株式会社、七島信用組合、公益財団法人日韓文化交流基金


◆問合せ
E-mail.artincountryoftokyo@gmail.com 
または公式ホームページのCONTACTよりお問い合わせください。


※詳しくは公式HPをご覧ください。
14時00分〜17時00分 特別講演会「歴史問題からみた日韓・日朝関係」
特別講演会「歴史問題からみた日韓・日朝関係」



3.1運動から100周年を迎える今年、朝鮮半島をめぐる情勢は大きく揺れ動いています。
かつて朝鮮を植民地化し戦時総動員体制にも巻き込んだ日本は、この現代の情勢において、
ただ第三者的な隣国という立場に引きこもっていることはできません。
1965年に日本は南(大韓民国)と日韓条約を結びましたが、植民地支配下の被害をめぐっては、
そこで何が「解決済」なのかをめぐって未解決の課題を抱えており、
それが日本軍「慰安婦」問題やいわゆる「徴用工」問題として今日顕在化しています。
一方、日本は北(朝鮮民主主義人民共和国)とは国交正常化していません。
2018年以降、南北および米朝が「非核化」「平和プロセス」を中心的なキーワードとして、
対話が積み重ねられてきました。日朝関係においては、そうした安全保障上の問題に加え、
日本人拉致問題については公論化されてきました。しかし歴史問題については、
日韓関係と同様の問題を抱えているにもかかわらず、あまり正面から論じられていません。
そこで今年の京都コリア学コンソーシアムの夏のイベントでは、特別講演会として
「歴史問題からみた日韓・日朝関係」を開催します。長年、歴史問題に関わってこられた内海愛子さん、
和田春樹さんをお招きし、この問題を包括的に議論します。ふるってご参加下さい。

◆日時
2019年8月3(土)14:00〜17:00


◆会場
立命館大学衣笠キャンパス 学而館4階 GJ403教室
【交通アクセス】 【キャンパス案内】
京都市営バス「立命館大学前」または「衣笠校前」下車 徒歩10分


◆内容
第1部 講演
内海愛子さん「徴用工問題で揺れる日韓関係:植民地支配・戦争裁判・戦後補償から考える」

和田春樹さん「米朝平和プロセスと日朝国交正常化」

第2部 総合討論


◆申込み
事前申込不要


◆料金
無料


◆主催
京都コリア学コンソーシアム/韓国国際交流財団

◆問合せ
立命館大学コリア研究センター事務局 E-mail yf-korea@st.ritsumei.ac.jp
  
※詳しくは公式サイトをご覧ください。

  年       <今日>
公益財団法人 日韓文化交流基金|プライバシーポリシー