MENU


日韓文化交流基金
公開中・公開直前の映画

前月昨日2019年 7月 21日(日)明日翌月

年間表示 月表示週表示


高麗美術館展覧会『 朝鮮王朝末期の輝き・語り継ぐ朝鮮の美 』
朝鮮王朝末期の輝き  語り継ぐ朝鮮の美



朝鮮王朝(1392〜1910)は27代の王にわたり519年間存続した王朝である。
統治理念である儒教は国家儀礼や祭祀、そして民衆の生活にも影響を及ぼし、朝鮮独自の文化が発展した。
19世紀末から20世紀にかけての国難の時代にも儒教の文化の担い手である両班(貴族階級)や文人、
そして名もなき陶工たちによる朝鮮の美は輝きを放っていた。
今回の展示会では、朝鮮王朝後期の絵画や工芸品を約70点展示する。
併せて、2017年にユネスコ「世界の記憶」に登録された高麗美術館所蔵の「朝鮮通信使」資料も特別展示する。

◆日時
2019年4月1日(月)〜8月20日(火)10:00〜17:00(入館は16:30まで)
休館日:水曜日 ※5月1日(水)は開館


◆会場
高麗美術館 アクセス
京都市北区紫竹上岸町15番地 TEL.075-491-1192


◆料金
一般:500円 大高生400円 中学生以下無料
※20人以上の団体と65歳以上の方は、2割引
※障害者手帳をお持ちのご本人と付添いの方1名様無料


*詳細はHPをご覧下さい。
Art in Country of Tokyo 2019 (AICOT 2019)
東京都23区外の様々な地域の個性や自然をアートで結びつける新しい形の国際的なアート・プロジェクト


◆日時
2019年7月5日(金)〜2019年8月4日(日)
式根島&神津島:7月5日(金)〜15日(月祝)
東久留米市&清瀬市:7月30日(火)〜8月4日(日)
※開館時間は会場によって異なる


◆会場
式根島、神津島、東久留米市、清瀬市
  
式根島:東京・竹芝港から高速ジェット船で約3時間
    静岡県下田からフェリーで3時間
神津島:東京・竹芝港から高速ジェット船で3時間45分
    静岡県下田港からもフェリーで3時間
    熱海港から約2時間
東久留米駅&清瀬駅:西武池袋線池袋駅から20〜25分


◆内容
Countryはラテン語のcontrata terra(向こう側の土地)が語源で、国家を指す場合と、
地方(または田舎)を示す両方の概念が共存する言葉である。日本の首都としての東京と、
山や田畑、海のような日本を象徴する自然が凝縮している地域としての東京を表わしている。
今回は、15年以上韓国・ソウルで開催されている映画祭「EXPERIMENTAL FILM & VIDEO FESTIVAL IN SEOUL」との共同企画となり、公共や地域独自の資源を積極的に活用しながら、
現代アートの展示やパフォーマンスのイベントを開催する。


◆料金
無料(MAP代:500円)
※会場が広範囲に分布し詳細情報がMAPにのみ記載されるため、MAPのご購入をおすすめします。


◆主催
Art in Country of Tokyo (AICOT) 実行委員会


◆助成
公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京


◆後援
東京都新島村、新島村教育委員会、式根島観光協会、新島村商工会、東京都神津島村、神津島村教育委員会、東久留米市、清瀬市、清瀬市教育委員会、東海汽船株式会社、七島信用組合、公益財団法人日韓文化交流基金


◆問合せ
E-mail.artincountryoftokyo@gmail.com 
または公式ホームページのCONTACTよりお問い合わせください。


※詳しくは公式HPをご覧ください。
発見!韓国ドラマ・映画の中の「日本」
発見!韓国ドラマ・映画の中の「日本」 -渡来・交流そして軋轢-



第1次韓流ブームから約20年。
ヘイトデモなどの影響で一時は寂しくなった新大久保の街に第3次韓流ブームが起き、
K-popを中心に若い人たちで再び賑わっている。その浮き沈みの中でも韓流ファンはまだ健在。
深化しているドラマ・映画などに魅了され、はまり続けている。当企画展は、
韓国ドラマ・映画に頻繁に登場する「日本」がどのように描かれているかを中心に作品を選定。
古代から近代まで朝鮮半島と日本の間には切っても切り離せない歴史があり、
それを背景にした物語が多く生まれている。歴史を学ぶことでドラマ・映画への理解も深まります。

◆日時
2019年7月10日(水)〜12月1日(日)12:00-17:00  
月曜日、火曜日休館


◆場所
高麗博物館展示室
東京都新宿区大久保1-12-1 第2韓国広場ビル7階 アクセス


◆料金
一般400円 中高生200円


◆講演会
■「韓国ドラマの魅力と社会性」 
8月3日(土)14:00〜16:00 
講 師:朝治 武(あさじ たけし)
大阪人権博物館館長

■「文化」から読み解く韓国/日韓 ―韓流の歴史的意義と「嫌韓」 
10月5日(土)14:00〜16:00 
講 師:権容奭(クォン・ヨンソク)
一橋大学法学研究科准教授
(国際・公共政策大学院兼任)

*要予約(電話・FAX・メール) 
 料金1,000円(入館料含)


◆問合せ・講演会申込み
 
高麗博物館 TEL.03-5272-3510 FAX.03−3207−0533
E-mail:kh@kouraihakubutsukan.org


※詳しくは高麗博物館HPをご覧下さい。

  年       <今日>
公益財団法人 日韓文化交流基金|プライバシーポリシー