MENU


日韓文化交流基金
公開中・公開直前の映画

予定表 -詳細情報-

件名 朴壽南(パク スナム)監督特集
開始日時 2018年 7月 7日 (土曜日)  
終了日時 2018年 7月 22日 (日曜日)  
場所 神戸映画資料館
連絡先 Email: info@kobe-eiga.net Tel: 078-754-8039
詳細 朴壽南(パク スナム)特集

1948年の朝鮮学校が強制的に閉鎖された「4・24阪神教育闘争」から70周年を迎えた今年、
在日の抱える問題に正面から取り組んで来た朴壽南監督のドキュメンタリー映画を上映し、
その業績を振り返る。

「ぬちがふう(命果報) 玉砕場からの証言」

朝鮮半島から強制的に沖縄の戦場に連行された若者たち、
前線の慰安所につながれ名もわからないまま死んでいった少女たちの存在を探す旅は、
沖縄人自身の戦争体験の深い傷と沈黙との出会いでもあった。

「もうひとつのヒロシマ アリランのうた」

広島で七万人、長崎で三万人にも上るといわれながら、
これまで日本国政府ばかりか、南北朝鮮の政府からも棄民され続けてきた
朝鮮人原爆被爆の実態に初めて光をあてたドキュメンタリー。

「アリランのうた オキナワからの証言」

映画『もうひとつのヒロシマ』(1986年)­に続く朴壽南の第2作目。
1989年から韓国の元「軍属」や沖縄の住民など100人以上を取材し、
日本軍による朝鮮人の虐殺や、沖縄戦における「慰安婦」の存在を浮き彫りにさせた長編ドキュメンタリー。

◆上映映画及び上映日時
 
「ぬちがふう(命果報) 玉砕場からの証言」
7月7日(土)13:30 16:00
7月8日(日)13:30 16:50 (監督講演 15:50)

「もうひとつのヒロシマ アリランのうた」
7月21日(土)13:30
7月22日(日)13:30 

「アリランのうた オキナワからの証言」
7月21日(土)14:50
7月22日(日)14:50


◆会場
神戸映画資料館【アクセス】
神戸市長田区腕塚町5丁目5番1-201 
アスタくにづか1番館北棟2階
JR新長田駅から南へ6分、大正筋商店街北東角


◆料金
1作品につき 一般:1400円 学生:1000円
会場の定員38席につき満席の場合は入場できないこともあります。


◆問合せ
神戸映画資料館
Email:info@kobe-eiga.net Tel: 078-754-8039
【神戸映画資料館公式サイト】

カテゴリー 映画,日本,近畿
最終更新日 2018年 5月 22日 (火曜日)

Back

印刷する
公益財団法人 日韓文化交流基金|プライバシーポリシー