MENU


日韓文化交流基金
公開中・公開直前の映画

予定表 -詳細情報-

件名 WAT 2019女性監督ドキュメンタリー・アニメーション
開始日時 2019年 6月 29日 (土曜日)  
終了日時 2019年 7月 26日 (金曜日)  
場所 下北沢トリウッド他
連絡先 下北沢トリウッド 03-3414-0433(電話受付:営業時間内 ※火曜日定休)
詳細 WAT 2019女性監督ドキュメンタリー・アニメーション
<ヴィジュアルに、発信する女性たち>
 

MeTooの動きが変革とダイバーシティの追い風となり、女性監督がより自由に
社会問題やさまざまな生き様を写し撮るようになってきたアニメーション界。
1999年から海外アニメーションのトレンドを伝え、今年20年目となった
「世界のアニメーションシアター WAT 2019」が特集するのは、海外で広がる
ドキュメンタリー・アニメーション。その女性監督作品、韓国、日本
そしてスウェーデンで制作された13本、<ヴィジュアルに、発信する女性たち>である。
韓国作品は、韓国インディペンデント・アニメーション協会の推薦を受けた8本。
若い脱北女性の声を通して韓国社会の今を問う『花咲く手紙』をはじめ、
成長著しい韓国のアニメーション界から、さまざまな人生を巧妙に描く、
若手&ベテラン女性監督を特集する。


◆日時
6月29日(土)〜7月26日(金)


◆プログラム
 
<作品名>           <監督名>
ユー・アー・マイ・サンシャイン:ファンボ・セビョル
父の部屋           :チャン・ナリ
ドアスコープ         :ハ・スファ
希望のバス、ラブストーリー  :パク・ソンミ
ミセス・ロマンス       :ハン・ビョンア
花咲く手紙          :カン・ヒジン
超えられない川        :キム・ヒソン
フェルーザの夢と共に     :キム・イェヨン、キム・ヨングン

※上映時間はは劇場公式サイトをご覧ください


トークイベント
 
7月7日(日)15:30 
上映作品『フェルーザの夢とともに』のキム・イェヨン&キム・ヨングン監督夫妻が上映後トーク


◆会場
下北沢トリウッド
東京都世田谷区代沢5-32-5 シェルボ下北沢2F アクセス
小田急線・京王井の頭線下北沢駅より徒歩5分
その後、京都、姫路、神戸、名古屋へ巡回


チケット 
 
1プログラム一律900円
3回券:一般2,100円、学生1,800円



◆主催
オフィスH(オフィスアッシュ)


◆問合せ
下北沢トリウッド
TEL 03-3414-0433(電話受付:営業時間内 ※火曜日定休)


※詳細は公式サイトをご覧ください。
カテゴリー 映画,日本,関東
最終更新日 2019年 6月 5日 (水曜日)

Back

印刷する
公益財団法人 日韓文化交流基金|プライバシーポリシー