MENU


日韓文化交流基金
公開中・公開直前の映画

前月昨日2018年 12月 1日(土)明日翌月

年間表示 月表示週表示


【展示会】ホン・ジョンピョ個展 The Matter of Concern to Me
HRDファインアートでは11月10日より年末まで
韓国人アーティスト、ホン・ジョンピョの個展「The Matter of Concern to Me」(わたしにとってたいせつなこと)を開催。
本展はホン・ジョンピョの日本初の個展となる。


◆作品

"Artactually - Anti-fly Waterbag" | レジン、ウレタン、ロープ、物干し綱 | 25x15x25cm | 2018年


◆会期
2018年11月10日(土)〜12月29日(土)11:00〜18:00 
※会期中、金・土曜日のみオープン
(日〜木曜日は事前のアポイント受付)


◆会場
HRD ファインアート【アクセス】
京都市上京区上御霊竪町494-1
京都市営地下鉄烏丸線「鞍馬口」駅下車徒歩1分(上御霊神社北隣、鳥居に向かって左へ約50メートル)


◆内容
ホン・ジョンピョは韓国ソウルの弘益(ホンイク)大学で彫刻を学び、大学院を修了。その後は様々なアーティスト・イン・レジデンスのプログラムに参加するなど、韓国国内外で積極的に制作・発表を続けています。

若くしてホン・ジョンピョが注目を浴びるきっかけとなったのが、工具や魚、ドーナツなど、身近でありふれた対象物を型取りして作品化したレジン彫刻のシリーズです。
「三次元コピー」とでも呼ぶべきこのシリーズには、この彫刻家の持つ高度な技術力が注ぎ込まれています。また近年では、空間構成やインスタレーションにも取り組み、その創作の幅は広がりを増しています。

彫刻家として非常に優れた技巧を持つホンは、しかしその技術の高さゆえに、「現代におけるアートとは/アーティストとは」という根源的な問いに常に向き合い続けてきました。ホンの作品はいずれも、技術の高さを反映した精緻で美しい仕上がりを特徴としていますが、選ばれる主題・題材は平凡でありふれたものばかりであり、そこには常にある種のギャップもしくは矛盾が存在しています。視覚的な完璧さ・美しさと象徴性・意味性との間で、あるいは内なる創作衝動と社会的な要請との間で揺れ動きながら、それでも確かな「かたち」を生み出し続けるホン・ジョンピョの作品世界を是非ご体感ください。


◆主催
HRDファインアート


◆問合せ
HRD ファインアート(担当:原田)
TEL:090-9015-6087 E-mail:info@hrdfineart.com


※詳しくはHRDファインアート【ホームページ】をご覧ください。
16時00分〜17時30分 韓国歌曲研究会第三回演奏会 韓国のうた・日本のうた
韓国歌曲研究会にて研究した成果を演奏会で発表することにより、韓国歌曲の理解を深め、音楽による韓日文化交流を促進する。




◆演目
韓国歌曲:重唱2曲、斉唱2曲、ソロ・ソプラノ6曲、ソロ・バリトン1曲
日本歌曲:重唱1曲、斉唱1曲、ソロ・ソプラノ5曲、ソロ・バリトン1曲


◆出演予定

ソプラノ:金一連、金山仁子、盞酥、車賢淑、宮本ひとみ、梁光子、山口美智子
テノール:堀宏至
バリトン:崔大弦
ピアニスト:内田博世、高祥子、西田佳子


◆入場料
無料


◆会場
大阪韓国文化院「ヌリホール」(大阪市北区中崎町2-4-2)
最寄駅:地下鉄谷町線 中崎町駅下車 2番出口より徒歩3分


◆主催
韓国歌曲研究会


◆問合せ
韓国歌曲研究会(盞酥)090-7484-9701、kou.yumemi@gmail.com


  年       <今日>
公益財団法人 日韓文化交流基金|プライバシーポリシー