MENU


日韓文化交流基金
公開中・公開直前の映画

前月昨日2018年 3月 31日(土)明日翌月

年間表示 月表示週表示


【展示会】イ・ジェヒョン個展 Tools - Replacing Mind
HRDファインアートでは、2018年の最初を飾る展覧会として、
韓国人木彫作家イ・ジェヒョンの個展「Tools - Replacing Mind」を開催する。


◆作品


◆会期
2018年3月24日(土)〜5月19日(土)11:00〜18:00 
※会期中、金・土曜日のみオープン
(日〜木曜日は事前のアポイント受付)


◆会場
HRD ファインアート【アクセス】
京都市上京区上御霊竪町494-1
京都市営地下鉄烏丸線「鞍馬口」駅下車徒歩1分(上御霊神社北隣、鳥居に向かって左へ約50メートル)


◆内容
イ・ジェヒョンの木彫作品に通底しているのは、機能性と審美性、意味性と抽象性といった、相反するテーマの同居である。例えば、椅子の要素を備えてはいるものの椅子としては使うことのできないオブジェからは、その精緻な仕上げ作業の美しさも相まって、20世紀のシュルレアリストたちが実践した「デペイズマン」とも通じる思考、あるいは日本の侘び茶の「不完全の美」とも通じる精神が感じられる。

本展では、様々な「ツール」すなわち工具や道具の形態を木材で模倣した作品群が展示される。木彫であって道具ではなく、そもそも機能を果たすことのできないこれらのオブジェは、しかし単なる「見掛け倒し」の対極に位置する存在である。
イ・ジェヒョンの作品は、私たちが当たり前に抱いている「物」や「物質」に対する意識に心地よく揺さぶりをかけてくれる。

<作者プロフィール>
イ・ジェヒョンはソウルの弘益(ホンイク)大学で彫刻を学んだのち渡米、ニューヨーク州のロチェスター工科大学で木工と家具デザインの修士号を取得。
現在はソウルに拠点を置いて活動中。


◆主催
HRDファインアート


◆問合せ
HRD ファインアート(担当:原田)
TEL:090-9015-6087 E-mail:info@hrdfineart.com


※詳しくはHRDファインアート【ホームページ】をご覧ください。
国際シンポジウム「朝鮮半島の核危機―対話による解決は可能か」
国際シンポジウム「朝鮮半島の核危機―対話による解決は可能か」

◆日時
2018年3月31日(土)午後1時(開場12時30分)〜5時45分


◆場所
早稲田大学国際会議場井深大記念ホール(中央図書館)


◆開催趣旨
 
昨年11月の〈緊急シンポジウム〉「米朝核危機と日本―平和的解決を求めて」に続き、対話による核危機の解決を多面的に議論し、模索する場として、第2回国際シンポジウムを開催します。昨年は米朝の対立が激化し、軍事的衝突さえ危惧される状況の中で開かれました。その後、北朝鮮の姿勢にも変化が見られ、平昌冬季オリンピックへの参加を契機に南北対話が始まりました。米国のトランプ大統領も南北対話が米朝対話につながる可能性に言及しています。
しかし、依然として非核化をめぐる北朝鮮と国際社会の溝は深く、今後の展望は不透明です。今回は、文在寅大統領の統一外交安保特別補佐官を務める文正仁先生を基調講演者に、また日韓の北朝鮮専門家の方々をお招きし、平和的解決を模索する韓国政府の政策をはじめ、現在の状況を分析するとともに、日本外交の課題について考える機会にしたいと思います。
多くの方々のご参加を心からお待ちしています。



◆プログラム
13:00〜13:10 
開会あいさつ: 岡本厚(岩波書店社長)全体司会: 金敬黙(早稲田大学教授)

13:10〜13:30 
祝辞: 李洙勲(韓国駐日大使)

13:30〜15:00 
基調講演: 文正仁(韓国大統領特別補佐官、延世大学名誉特任教授)
「戦争の危機から平和へ―文在寅政府の対北朝鮮政策」
司会: 木宮正史(東京大学教授、同韓国学研究センター長)

15:00〜15:15 休憩

15:15〜17:45 
パネルディスカッション
司会: 李鍾元(早稲田大学教授、同韓国学研究所長)
討論: 小此木政夫(慶応義塾大学名誉教授)
金錬鐵(インジェ大学教授)
平井久志(立命館大学特任教授)
井上智太郎(共同通信外信部次長)
青山瑠妙(早稲田大学教授)

◆基調講演者略歴 
文正仁(ムン・ジョンイン)
1951年生まれ。現在、文在寅大統領の統一外交安保特別補佐官、延世大学名誉特任教授。他に、韓国東アジア財団発行の英文季刊誌「Global Asia」編集人、アジア太平洋非核化および核拡散防止指導者ネットワーク(APLN)共同議長などを務める。米国のケンタッキー大学准教授などを経て、延世大学で国際政治を講義し、2016年に定年退職。盧武鉉政権期に大統領諮問機関である東北アジア時代委員長などを歴任、2000年と2007年など2回の南北首脳会談には特別随行員として参加した。韓国語や英語などで60冊を超える単著や300編以上の論文を発表し、学術的な貢献でも知られる。韓国平和学会会長、米国国際政治学会(ISA)副会長、金大中大統領図書館長、韓半島平和フォーラム共同代表などを歴任。



◆主催
早稲田大学韓国学研究所/東京大学韓国学研究センター/岩波書店


◆後援
庭野平和財団/日本国際ボランティアセンター(JVC)

◆使用言語
  日韓同時通訳

◆申込み
参加無料/事前申込
     予約フォーム:https://form.os7.biz/f/622665cf/
     ※当日受付可能ですが、予約の方が優先入場となります。

 
◆問合せ

岩波書店 event@iwanami.co.jp
早稲田大学韓国学研究所 wiks@list.waseda.jp
東京大学韓国学研究センター cks@iags-cks.c.u-tokyo.ac.jp
 

朝鮮舞踊家 姜輝鮮先生追悼式
朝鮮舞踊家 姜輝鮮先生追悼式



在日コリアン二世として大阪で生まれ育ち、1980年5月大阪・鶴橋に『姜輝鮮朝鮮舞踊研究所 』を設立。
37年間、朝鮮舞踊を通して祖国統一を願い、在日同胞しかできない舞踊作品を追求し、多くの研究生を輩出して来られた。設立以降、年一回の発表会を行い、また中国・ロシア・済州島・ピョンヤン・ソウルなどの海外公演を手がけた。
昨年1月に急逝された姜輝鮮先生を偲び、追悼式を行う。

『朝鮮舞踊家 姜輝鮮先生の追悼式』
(2部構成)
・姜輝鮮先生の舞踊人生軌跡 映像上映
・研究生の作文朗読
・姜輝鮮先生インタビュー映像上映
・舞踊団、元研究生の舞踊作品公演 など


◆日時
2018年3月31日(土)
開演18:00(16:30開場)


◆会場
阿倍野区民センター大ホール
〒545-0052 大阪市阿倍野区阿倍野筋4-19-118 
地下鉄谷町線「阿倍野」駅号出口から南へ100m
阪堺電車上町線「阿倍野」駅から南へ180m
地下鉄御堂筋線・JR「天王寺」駅、近鉄南大阪線「あべの橋」駅から南へ800m【アクセス】



◆料金
2000円(小学生以上有料)当日受付にてご精算願います。


◆問合せ
舞踊団Naruseae narusae0903@gmail.com


※詳しくは舞踊団Narusaeフェイスブックをご覧ください。

  年       <今日>
公益財団法人 日韓文化交流基金|プライバシーポリシー