MENU


日韓文化交流基金
公開中・公開直前の映画

前月昨日2018年 4月 21日(土)明日翌月

年間表示 月表示週表示


【展示会】イ・ジェヒョン個展 Tools - Replacing Mind
HRDファインアートでは、2018年の最初を飾る展覧会として、
韓国人木彫作家イ・ジェヒョンの個展「Tools - Replacing Mind」を開催する。


◆作品


◆会期
2018年3月24日(土)〜5月19日(土)11:00〜18:00 
※会期中、金・土曜日のみオープン
(日〜木曜日は事前のアポイント受付)


◆会場
HRD ファインアート【アクセス】
京都市上京区上御霊竪町494-1
京都市営地下鉄烏丸線「鞍馬口」駅下車徒歩1分(上御霊神社北隣、鳥居に向かって左へ約50メートル)


◆内容
イ・ジェヒョンの木彫作品に通底しているのは、機能性と審美性、意味性と抽象性といった、相反するテーマの同居である。例えば、椅子の要素を備えてはいるものの椅子としては使うことのできないオブジェからは、その精緻な仕上げ作業の美しさも相まって、20世紀のシュルレアリストたちが実践した「デペイズマン」とも通じる思考、あるいは日本の侘び茶の「不完全の美」とも通じる精神が感じられる。

本展では、様々な「ツール」すなわち工具や道具の形態を木材で模倣した作品群が展示される。木彫であって道具ではなく、そもそも機能を果たすことのできないこれらのオブジェは、しかし単なる「見掛け倒し」の対極に位置する存在である。
イ・ジェヒョンの作品は、私たちが当たり前に抱いている「物」や「物質」に対する意識に心地よく揺さぶりをかけてくれる。

<作者プロフィール>
イ・ジェヒョンはソウルの弘益(ホンイク)大学で彫刻を学んだのち渡米、ニューヨーク州のロチェスター工科大学で木工と家具デザインの修士号を取得。
現在はソウルに拠点を置いて活動中。


◆主催
HRDファインアート


◆問合せ
HRD ファインアート(担当:原田)
TEL:090-9015-6087 E-mail:info@hrdfineart.com


※詳しくはHRDファインアート【ホームページ】をご覧ください。
【映画】次世代トップ俳優キム・スヒョン入隊前最後の映画主演作『リアル』
本当の自分は何者か、本当の現実(リアル)は何か…あなたはキム・スヒョンに騙されるー


© 2017 COVE PICTURES CO., LTD ALL RIGHTS RESERVED.

STORY
チャン・テヨンは新しくオープンしたラグジュアリーカジノ“シエスタ”のオーナーだ。
富と知恵を持ち、野心家なチャンだが、医師から「解離性障害」の疑いがあると告げられる。
さらにカジノがいよいよオープンとなった矢先、ギャンググループのチョ・ウォングンから利益の半分をよこせと脅される。
ギャングとの抗争が避けられない中、チャンの大ファンだという“仮面”を付けた投資家が現れる。
同じチャン・テヨンと名乗るその男は、カジノに投資して、チャンを助けてくれると言う。
仮面の男の顔が明らかになった時、彼はまるでチャンそのものだった。
その頃、カジノではドラッグが蔓延し、幻覚により現実と非現実の世界が混同していく―。
チャンは次第に仮面の男の存在に疑問を持ち始める―。

4月14日(土)シネマート新宿ほか全国順次公開

2017年/韓国/138分/原題:리얼/字幕:石井絹香
配給:ツイン

監督:イ・サラン
出演:キム・スヒョン『シークレット・ミッション』「星から来たあなた」
チェ・ジンリ(ソルリ)『ファッション王』 
ソン・ドンイル『怪しい彼女』 
イ・ソンミン「ミセン-未生-」 
チョ・ウジン「鬼〈トッケビ〉」

★公式サイト:real-moviejapan.com
トヌムー脈を通し我を探しゆくー
昨年9月に好評をうけた、韓国国楽グループテハンサラム代表の金星勲の「トヌム」公演第3弾。
金星勲の舞を中心にしたプログラム構成になっており、ゲストにパンソリ唱者の安聖民、ヘグム奏者の李美香を迎える。




◆日時
2018年4月21日
一回目 12時半開場 13時開演
二回目 15時半開場 16時開演
※各回完全入替制・自由席


◆会場
山本能楽堂 
大阪市中央区徳井町1-3-6
地下鉄谷町線・中央線 「谷町四丁目駅」4番出口より徒歩2分


◆内容
1.僧舞(スンム)
2.パンソリ
3.立舞(イプチュム)
4.ヘグム独奏
5.トサルプリチュム
6.金星勲流ソンバンソルチャンゴ
7.サムルノリ

テハンサラム
韓国伝統音楽の大衆化をモットーに1997年に結成された国楽グループ「テハンサラム」。
今年で結成21周年を迎えた彼らは、日本・アメリカ・フランス・台湾・シンガポール・中国など数多くの海外公演や多くの国内公演を通して、新しい舞台を披露している。また、多様なジャンルの音楽と文化を通して、伝統文化の新たなトレンドを創り出すために努力しており、メンバーの大半は、重要無形文化財第82-4号である南海岸別神クッの履修者である。


◆料金
前売り3,500円、当日4,500円


◆問合せ
090-4037-5855(金)、090-2069-9538(李)
メール:enmaru2017@gmail.com


※詳しくは公式HPをご覧ください。
アン・ジンソン ヘグムバンド “春舜奏華”
アン・ジンソン ヘグムバンド 再来日公演“春舜奏華”



ヘグム奏者アン・ジンソン。自身のソロコンサートやヘグム協会の公演を多数行っており、その優しく美しい音色と、心に情景を浮かばせる表現力に、日本国内においてもファンが多く、演奏活動のほか、ヘグム指導も行っており、著書に「へグムの井間譜と五線譜」、「へグムのはじめ」がある。これらは、日本でも広く使用されている。

◆アン・ジンソン ヘグムバンド
アン・ジンソン(ヘグム)
ヤン・フンジョン(カヤグム)
イ・ヨンウン(ピアノ)
イム・デソプ(コントラバス)
チョ・ミンス(パーカッション)

◆日時
2018年4月21日(土)
開演16:45(16:15開場)


◆会場
東京倶楽部目黒店
東京都品川区上大崎2-18-20 中銀目黒駅前マンションB1F
JR山手線、東急目黒線、都営三田線、東京メトロ南北線(西口)目黒駅下車


◆料金
3000円(ペア5000円、学生2000円)


◆問合せ
日本ヘグム研究会 haegeumania@yahoo.co.jp  080-4189-5317  (電話でのお問い合わせは平日17:00〜22:00 土日祝10:00〜22:00)
済州島四・三事件70周年記念行事
済州島四・三事件70周年記念行事



◆日時
2018年4月21日(土) 17時会場、17時半開演


◆内容
済州島四・三事件70周年記念「眠らざる南の島」
<第1部>
対談:金石範(作家)、文京洙(立命館大学特任教授)
<第2部>
アン・チファンライブコンサート
韓国の伝説的シンガーソングライター来日コンサート


◆会場
北とぴあさくらホール
〒114-8503
東京都北区王子1丁目11−1【アクセス】
JR京浜東北線王子駅北口徒歩2分
地下鉄南北線王子駅5番出口直結


◆料金
2500円(前売り2000円、学生1000円)


◆問合せ
済州島四・三事件を考える会・東京
(03−6256−9255、jeju43_tokyo@yahoo.co.jp)


※詳しくはFBをご覧ください。
龍谷大学社会科学研究所付属安重根東洋平和研究センター 2018年度第1回共同研究会
龍谷大学社会科学研究所付属安重根東洋平和研究センター2018年度第1回共同研究会
報告タイトル:「軍事政権時の外相東郷茂徳の苦悩:歴史認識の脱国民化に向けて」
報告者:東郷和彦氏


◆日時
4月21日(土)15時〜17時
 

◆場所
龍谷大学深草学舎8号館 2F京都産業人倶楽部
【キャンパスマップ】キャンパスマップГ両貊蠅会場
JR奈良線「稲荷」駅下車、南西へ徒歩約8分
京阪本線「深草」駅下車、西へ徒歩約3分
京都市営地下鉄烏丸線「くいな橋」駅下車、東へ徒歩約7分
【交通アクセス】
 

◆内容
報告タイトル:「軍事政権時の外相東郷茂徳の苦悩:歴史認識の脱国民化に向けて」
報告者:東郷和彦氏

プロフィール;東郷 和彦(とうごう かずひこ)1945年(昭和20年)生まれ。
日本の元外交官、京都産業大学法学部教授、ライデン大学人文科学博士。
専門は国際関係論。第二次世界大戦終戦時に外務大臣を務めた元外交官の東郷茂徳は祖父。1968年東京大学教養学部卒、外務省大臣官房総括審議官、同条約局長、同欧亜局長、在オランダ日本国全権大使を歴任。
現在、京都産業大学法学部教授(国際政治<外交、安全保障>)

近著;『歴史と外交―靖国・アジア・東京裁判』 (講談社〈講談社現代新書〉、2008年)、『歴史認識を問い直す―靖国、慰安婦、領土問題』(角川書店〈角川oneテーマ21新書〉、2013年)、『危機の外交―首相談話、歴史認識、領土問題』(角川書店〈角川新書〉、2015年)、『返還交渉 沖縄・北方領土の「光と影」』(PHP新書、2017年)。


◆参加費
無料、要・事前登録


◆主催
龍谷大学社会科学研究所付属安重根東洋平和研究センター


◆連絡先
李洙任研究室(Email:lee@biz.ryukoku.ac.jp, Tel:075-642-1111)


※詳しくは公式サイトをご覧ください。

  年       <今日>
公益財団法人 日韓文化交流基金|プライバシーポリシー