MENU


日韓文化交流基金
公開中・公開直前の映画

前月昨日2018年 4月 26日(木)明日翌月

年間表示 月表示週表示


【展示会】イ・ジェヒョン個展 Tools - Replacing Mind
HRDファインアートでは、2018年の最初を飾る展覧会として、
韓国人木彫作家イ・ジェヒョンの個展「Tools - Replacing Mind」を開催する。


◆作品


◆会期
2018年3月24日(土)〜5月19日(土)11:00〜18:00 
※会期中、金・土曜日のみオープン
(日〜木曜日は事前のアポイント受付)


◆会場
HRD ファインアート【アクセス】
京都市上京区上御霊竪町494-1
京都市営地下鉄烏丸線「鞍馬口」駅下車徒歩1分(上御霊神社北隣、鳥居に向かって左へ約50メートル)


◆内容
イ・ジェヒョンの木彫作品に通底しているのは、機能性と審美性、意味性と抽象性といった、相反するテーマの同居である。例えば、椅子の要素を備えてはいるものの椅子としては使うことのできないオブジェからは、その精緻な仕上げ作業の美しさも相まって、20世紀のシュルレアリストたちが実践した「デペイズマン」とも通じる思考、あるいは日本の侘び茶の「不完全の美」とも通じる精神が感じられる。

本展では、様々な「ツール」すなわち工具や道具の形態を木材で模倣した作品群が展示される。木彫であって道具ではなく、そもそも機能を果たすことのできないこれらのオブジェは、しかし単なる「見掛け倒し」の対極に位置する存在である。
イ・ジェヒョンの作品は、私たちが当たり前に抱いている「物」や「物質」に対する意識に心地よく揺さぶりをかけてくれる。

<作者プロフィール>
イ・ジェヒョンはソウルの弘益(ホンイク)大学で彫刻を学んだのち渡米、ニューヨーク州のロチェスター工科大学で木工と家具デザインの修士号を取得。
現在はソウルに拠点を置いて活動中。


◆主催
HRDファインアート


◆問合せ
HRD ファインアート(担当:原田)
TEL:090-9015-6087 E-mail:info@hrdfineart.com


※詳しくはHRDファインアート【ホームページ】をご覧ください。
【映画】次世代トップ俳優キム・スヒョン入隊前最後の映画主演作『リアル』
本当の自分は何者か、本当の現実(リアル)は何か…あなたはキム・スヒョンに騙されるー


© 2017 COVE PICTURES CO., LTD ALL RIGHTS RESERVED.

STORY
チャン・テヨンは新しくオープンしたラグジュアリーカジノ“シエスタ”のオーナーだ。
富と知恵を持ち、野心家なチャンだが、医師から「解離性障害」の疑いがあると告げられる。
さらにカジノがいよいよオープンとなった矢先、ギャンググループのチョ・ウォングンから利益の半分をよこせと脅される。
ギャングとの抗争が避けられない中、チャンの大ファンだという“仮面”を付けた投資家が現れる。
同じチャン・テヨンと名乗るその男は、カジノに投資して、チャンを助けてくれると言う。
仮面の男の顔が明らかになった時、彼はまるでチャンそのものだった。
その頃、カジノではドラッグが蔓延し、幻覚により現実と非現実の世界が混同していく―。
チャンは次第に仮面の男の存在に疑問を持ち始める―。

4月14日(土)シネマート新宿ほか全国順次公開

2017年/韓国/138分/原題:리얼/字幕:石井絹香
配給:ツイン

監督:イ・サラン
出演:キム・スヒョン『シークレット・ミッション』「星から来たあなた」
チェ・ジンリ(ソルリ)『ファッション王』 
ソン・ドンイル『怪しい彼女』 
イ・ソンミン「ミセン-未生-」 
チョ・ウジン「鬼〈トッケビ〉」

★公式サイト:real-moviejapan.com
韓国文化院<1950〜60年代に製作された名作韓国映画>特集
当時の韓国社会の状況や問題などをテーマに、名監督により製作された作品を特集上映

大衆的、かつ開放的な作風により多彩なジャンルの名作映画が数多く誕生し、
韓国映画の中興期といえる1950〜60年代にスポットを当て、
当時の韓国の社会の状況や問題などをテーマに製作された秀作品を特集上映



【5人の海兵隊員(原題:5인의 해병) 1961年(11分)】
・日 時:4月24日(火)15時〜 19時〜
・監 督:キム・ギドク / 出 演:チェ・ムリョン、シン・ヨンギュンほか
・内 容
−オ・ドクス少尉は、父のオ・ソクマン中佐が大隊長をする部隊に小隊長として赴任する。オ中佐は息子
のオ少尉を歓迎するが、オ少尉は幼い時からいつも兄ばかりを可愛がる父に対する恨みと寂しさが胸の
中に深く残っている。一方、個性の強い海兵隊員たちはオ少尉を中心に戦友愛を深めていくが、ある日、
部隊の末っ子として隊員たちに愛されていたハ・ヨンギュ海兵が偵察中に死亡する事件が発生する・・・。



【地獄花(原題:지옥화) 1958年(86分)】
・日 時:5月18日(金)15時〜 19時〜
・監 督:シン・サンオク / 出 演:チェ・ウニ、キム・ハクほか
・内 容
−兄のヨンシクは、米軍物資の窃盗団を率いる親分になっていた。兄を探しにソウルに出てきた弟のトン
 シクは母親が待つ故郷へ戻ろうとヨンシクに言うが、ヨンシクはもっと大きなことをして、ソニャと結
婚するつもりだと言う。ある日、ソニャはヨンシクの一団が物品を盗んだ日、弟のトンシクを誘惑して
密会を楽しむ。ヨンシクは予定通り米軍の輸送列車を襲うために発ち、ソニャはトンシクと逃げるため
にヨンシクの犯行を憲兵隊に通報する・・・。



【漂流島(原題:표류도) 1960年(124分)】
・日 時:5月29日(火)15時〜 19時〜
・監 督:クォン・ヨンスン / 出 演:ムン・ジョンスク、キム・ジンギュほか
・内 容
−マドンナ喫茶店のカン・ヒョンヒは、娘と母を養いながら暮らしている。ヒョンヒは生活苦に悩まされ
るが、自尊心だけは失わないように努力する。しかし、彼女が婚姻関係のない男との間に娘を出産し、
喫茶店を経営するという事実に人々は彼女を無視しようとする。そして、彼女は大学時代の友達の夫で
新聞社の論説委員をするイ・サンヒョンと恋に落ち、愛と倫理の間で悩みながらもサンヒョンを簡単に
諦めることができず・・・。

◆期間
2018年4〜5月 (各作品2回上映)


◆上映スケジュール
 
4月24日(火)5人の海兵隊員(監督:キム・ギドク、1961年)
5月18日(金)地獄花(監督:シン・サンオク、1958年)
5月29日(火)漂流島(監督:クォン・ヨンスン、1960年)
※上映開始時間はいずれも、昼の部 15時、夜の部 19時。
15時・19時上映ともに事前申込不要、先着300名


◆アクセス
東京メトロ丸の内線「四谷三丁目」駅より徒歩3分

◆主催
駐日韓国大使館 韓国文化院

◆協力
韓国観光公社、韓国コンテンツ振興院

19時00分〜21時00分 「映像で見る朝鮮韓国在日」第30回上映会
猪飼野セッパラム文庫「映像で見る朝鮮韓国在日」第30回上映会 

◆日時
2018年4月26日(木)19:00〜21:00


◆内容
今も続く朝鮮学校弾圧を考える。
・『朝鮮の子』(1954年、製作:朝鮮の子制作委員会・在日朝鮮人学校PTA全国連合会・在日朝鮮人教育者同盟・在日朝鮮映画人集団。後援:日本子供を守る会・平和擁護日本委員会、30分)※オリジナルシナリオ進呈
・『4.24の魂』(2008年、4.24阪神教育闘争60周年記念事業実行委員会、38分)


◆会場
猪飼野セッパラム文庫
大阪市天王寺区細工谷2-14-8【アクセス】
近鉄「大阪上本町駅」から8分
地下鉄「谷町九丁目駅」・環状線「桃谷駅」から10分
環状線・地下鉄・近鉄「鶴橋駅」から15分
ドンキホーテ上本町店から東へ、セブンイレブン角を右へ約100m、左側3軒目
桃谷駅からの場合は夕陽丘高校東南角を右に曲がり直進。
近くにコインパーキングが2か所あります。


◆参加費
参加無料(カンパお願い)
※道に迷われる前や緊急の場合にお電話ください。090-9882-1663 


◆主催・問合せ
 
猪飼野セッパラム文庫
TEL.090-9882-1663  Email.masipon@nifty.com


*詳しくは公式サイトをご覧ください。

  年       <今日>
公益財団法人 日韓文化交流基金|プライバシーポリシー