MENU


日韓文化交流基金
公開中・公開直前の映画

前月昨日2018年 7月 13日(金)明日翌月

年間表示 月表示週表示


【十和田市現代美術館開館10周年記念展】スゥ・ドーホー : Passage / s パサージュ
十和田市現代美術館の10周年を記念して開催
アジアを代表する世界的美術家
スゥ・ドーホーの個展


◆作品
本展「Passage/s」で、韓国出身の作家スゥ・ドーホーは、その半透明の布を使ったシリーズの最新作を展示。
また移動と空間をテーマにした日本初公開映像作品も展示する。
これらの作品は、いくつかの場所とその文化を経験するときに見えてくるものを通して、人間性やアイデンティティとは何かという、根本的な問いを投げかけるものである。


Photo image:《Hub, 310 Union Wharf, 23 Wenlock Road, London, N1 7ST, UK》 Photo by Taegsu Jeon
Courtesy the artist, Lehmann Maupin, New York, Hong Kong and Seoul and Victoria Miro, London/Venice(参考画像)



《コーズ・アンド・エフェクト》2008年
Photo by Mami Iwasaki
Courtesy the Artist and Lehmann Maupin Gallery, New York and Hong Kong


◆スゥ・ドーホー
 
1962年韓国生まれ。ソウル大学校卒業後アメリカに渡り、ロードアイランド・スクール・オブ・デザインで絵画を学び、BFAを取得、イェール・ユニバーシティ・スクール・オブ・アートで彫刻を学び、MFAを取得。ロンドン、ニューヨーク、ソウルを拠点とし、家や家の中のアイテムを象った彫刻と、没入感のあるインスタレーションを通して、異なる文化間を移動するときに感じられる気持ちを表現しつづけている。半透明の布を用いた彫刻のシリーズは、彼がそれまで住んだ空間の手触りと繊細な細部を再現するもの。これらの作品は軽くて持ち運びができ、どんな場所にでも設置できるもので、スゥ自身によって「スーツケース・ホーム」と呼ばれている。

Photo by Daniel Dorsa
Courtesy the Artist and Victoria Miro, London and Venice


◆会場
十和田市現代美術館【アクセス】
〒034-0082 青森県十和田市西二番町10-9


◆会期
2018年6月2日(土)〜10月14日(日)


◆時間
9:00〜17:00(入館は閉館の30分前まで)


◆休館日
月曜日(月曜が祝日の場合その翌日)
ただし8月6日(月)、13日(月)は臨時開館。


◆料金
企画展+常設展セット券1200円。企画展の個別料金は一般800円。
団体(20名以上)100円引き。高校生以下無料。


◆主催
十和田市現代美術館、十和田市


◆後援
東奥日報社、デーリー東北新聞社、青森放送、青森テレビ、青森朝日放送、
十和田市教育委員会


◆キュレーター
 
金澤 韻(かなざわ・こだま)、南條史生


※詳しくは【十和田市現代美術館】をご覧ください。
【展示会】THE GAME MUST GO ON - 栗原亜也子+ヨム・ソジン
HRDファインアートでは6月から8月にかけて、「The Game Must Go On」と題して、
栗原亜也子とヨム・ソジンの日韓作家2人展を開催。

栗原亜也子もヨム・ソジンもともに、ジャンルや素材の壁にとらわれることなく、
絵画や映像、インスタレーションといった多様な表現メディアを自由に横断しながら作品制作を続けている作家である。


◆作品

栗原亜也子
"Mind Games - I am Here. - 20180303-20180318" | インスタレーション(公開制作風景) | 2018年
(Photo by Yasuyuki Kasagi)


ヨム・ソジン
"Singapore" | 映像作品 | 3分36秒 | 2016年


◆会期
2018年6月9日(土)〜8月18日(土)11:00〜18:00 
※会期中、金・土曜日のみオープン
(日〜木曜日は事前のアポイント受付)


◆会場
HRD ファインアート【アクセス】
京都市上京区上御霊竪町494-1
京都市営地下鉄烏丸線「鞍馬口」駅下車徒歩1分(上御霊神社北隣、鳥居に向かって左へ約50メートル)


◆内容
栗原は、ボードゲームのひとつである「オセロゲーム」のルールに則して、グリッドのマス目の中にスタンピングやドロッピングの手法で2つの色を交互に積み重ねていくことによって画面を構築していく作品シリーズ「Mind Games」に継続的に取り組んでいます。
観客参加によるパフォーマンスや映像も取り入れながら、世界や社会の持つゲーム性やルール性、そしてそれらに対する問いかけが重層的に暗示されています。
本展では、会場内でライブペインティングのパフォーマンスも行い、インスタレーションが会期を通じて刻々と変化し続けます。

ヨム・ソジンは、デジタル化し、インターネットが大きな影響力を持つようになった現代社会における新たな人間関係や人間性の在り方についての探究を続けています。
ネットというバーチャル空間で、私たちはまるでロールプレイングゲームのキャラクターのように、仮想の役割を演じることを強いられ(あるいは自らすすんで演じて)います。
ヨムの作品制作は、そうした仮想と現実の間のバランスを見出す作業のようにも見えます。本展では、「世界の実験場」「人工国家」とも呼ばれるIT先進国シンガポールを訪れた作家が、現地で得た印象をもとに制作した作品シリーズを展示します。

The game must go on. ゲームは続く。私たちは人生という終わりなきゲームに興じながら、何を勝ち取り、何を失っているのでしょうか。真摯さのなかに独特のユーモア感覚も垣間見せる栗原亜也子とヨム・ソジンの2人の作品は、改めてこの根源的な問いと向き合う機会を私たちに提示してくれます。


◆イベント
★オープニングレセプション:2018年6月9日(土) 17:00〜
(レセプションに先立ち15:00〜16:30に栗原亜也子による公開制作あり)

★栗原亜也子によるオセロペインティング・ワークショップ:2018年7月7日(土)(時間等詳細未定)


◆主催
HRDファインアート


◆問合せ
HRD ファインアート(担当:原田)
TEL:090-9015-6087 E-mail:info@hrdfineart.com


※詳しくはHRDファインアート【ホームページ】をご覧ください。
【映画】『天命の城』
国の存亡を賭けた47日間の闘いを描いた、真実の歴史大作。

進むことも退くこともできない孤立無援の南漢山城。耐えて国と民を守るのか、死を覚悟で戦うのか――。
朝鮮の未来を占う岐路に立たされ、「丙子の役」と呼ばれる歴史上最も熾烈だった47日間の物語が初めてスクリーンで描かれる。
一国の存亡を賭けた闘いの真実を描く感動の本格大作時代劇。



ⓒ 2017 CJ E&M CORPORATION, SIREN PICTURES ALL RIGHTS RESERVED

STORY
時は1636年(仁祖14年)。中国全土を支配していた明が衰退し、清が朝鮮の侵略を始め、「丙子の役」が勃発。
朝鮮の王と朝廷は南漢山城に身を隠すが、清の大軍に囲まれて城の中に孤立してしまう。
寒さと飢え、敵の激しい圧迫と無理な要求。朝廷は和親派と主戦派に分かれて対立し、王はその狭間で苦渋の決断を迫られる。

物語のメインとなるのは、切迫した逆境の中、国と民のためにそれぞれの信念を闘わせる三人の男。
一国の天命を背負った彼らの誇り高き生きざまを、韓国を代表する名優たちが白熱の芝居で演じる。

それぞれの信念を貫く生きた方が、現代に生きる大切さを問いかけ、国境を越え、時代を超えて心揺さぶる。
5か月にも及ぶ極寒の中での全国オールロケを決行し、朝鮮王朝でもっとも熾烈な47日間を描いた真実の物語である。

6月22日(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー

2017年/韓国映画/139分/カラー/シネスコ/5.1chデジタル
字幕翻訳:根本理恵
原題:남한산성
提供:ツイン、Hulu/配給:ツイン

監督:ファン・ドンヒョク『怪しい彼女』『トガニ 幼き瞳の告発』
音楽:坂本龍一
出演:イ・ビョンホン『王になった男』
   キム・ユンソク『哀しき獣』 
   パク・ヘイル『神弓-KAMIYUMI-』 
   コ・ス『マルティニークからの祈り』

★公式サイト:http://tenmeinoshiro.com/
東京デスロック + 第12言語演劇スタジオ『가모메 カルメギ』
東京デスロック + 第12言語演劇スタジオ『가모메 カルメギ』

アントン・チェーホフ作『かもめ』を1930年代の日帝朝鮮に翻案、
韓国最高峰の東亜演劇賞にて三冠を受賞し日韓合作のエポックメーキングとなった名作。
歴史に翻弄される若き芸術家の物語、鳴り響くK&Jポップ、東アジアに生きる私たちの現在、未来へ、待望の再演。
※日韓二ヶ国語上演/日本語字幕付き



◇演出など
原作: アントン・チェーホフ『かもめ』
脚本・演出協力:ソン・ギウン
演出:多田淳之介


◇出演
夏目慎也 佐山和泉 佐藤 誠 間野律子
ソン・ヨジン イ・ユンジェ クォン・テッキ オ・ミンジョン マ・ドゥヨン チェ・ソヨン チョン・スジ イ・ガンウク


◇日程
《神奈川公演》2018年6月30日(土)〜7月8日(日)KAAT神奈川芸術劇場
《三重公演》2018年7月13日(金)〜15日(日)三重県文化会館
《兵庫公演》2018年7月20日(金)〜22日(日)AI・HALL 伊丹市立演劇ホール
《埼玉公演》2018年7月27日(金)〜28日(土)富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ


◇概要
1930年代日本占領下の朝鮮の田舎町、芸術を志す朝鮮人青年の元に母が連れてきたのは日本からの芸術家。
恋焦がれる女性も彼と共に日本へ発ち、残された人々を包む戦争の影・・・アントン・チェーホフ作『かもめ』を1930年代の日帝朝鮮に翻案、2013年ドゥサンアートセンター製作により韓国初演。
第50回東亜演劇賞にて作品賞、演出賞、視聴覚デザイン賞受賞、50年の賞歴で初の外国人演出家による正賞受賞。
2014年の日本公演以来4年ぶりの再演となる。


◇主催
[神奈川公演]一般社団法人unlock/東京デスロック
[三重公演]三重県文化会館〔指定管理者(公財)三重県文化振興事業団〕
[兵庫公演]公益財団法人いたみ文化・スポーツ財団 伊丹市
[埼玉公演]公益財団法人キラリ財団


◇問合せ
[神奈川公演]東京デスロック TEL.080-3360-2180
[三重公演]三重県文化会館 TEL.059-233-1122
[兵庫公演]アイホール TEL. 072-782-2000
[埼⽟公演]富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ TEL.049-268-7788


◇助成
韓国文化芸術委員会
[神奈川公演] 公益財団法人日韓文化交流基金 平成30年度文化庁国際芸術交流支援事業
[三重・兵庫・埼玉公演]一般財団法人地域創造  文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)|独立行政法人日本芸術文化振興会


※公演日時やチケット予約などの詳細は東京デスロックをご参照ください。
【映画】『ワンダーランド北朝鮮』
北朝鮮の“普通”の暮らしとその⼈々。
これはプロパガンダか?それとも現実か?
⼈々の幸せそうな表情に、⾃然エネルギーを活⽤した循環型な暮らし。
北朝鮮の予想外のリアル発⾒を発⾒するドキュメンタリー。



(c)Kundschafter Filmproduktion GmbH

映画概要
世界から隔離された国、北朝鮮に良いイメージを持っている⼈は少数派だろう。
北朝鮮のイメージは⼤概、独裁国家で、核開発を⾏う危ない国といったところだろう。
しかし、それが本当に北朝鮮の姿なのだろうか?

韓国出⾝のチョ・ソンヒョン監督は、この問いの答えを探しに北朝鮮で映画制作を⾏うため韓国籍を放棄し、
ドイツのパスポートで北朝鮮に⼊国。そして、エンジニア、兵⼠、農家、画家、工場労働者など“普通の⼈々”への取材を敢⾏した。
北朝鮮で制作する全ての映画は検閲を逃れられない。
しかし、⾃由に取材活動が出来ない制約下でも“同胞”として受け⼊れられたチョ監督は、
最⾼指導者への特別な感情を抱く普段着の表情の⼈々と交流し、意外と普通だが、予想外の北朝鮮の素顔を発⾒していく。
公務員画家の男性は、美しい⼥性を描くことを楽しみ、表情は明るい。デザイナーという⾔葉を知らない縫製⼯場で働く少⼥の夢は、“今までにない独創的な服を作る”こと。こんな“普通”の⼈々が登場する。
また、経済制裁下にある北朝鮮の⼈々の暮らしぶりは慎ましいが、どこか懐かしさを感じさせる。経済制裁を受け、⾃活せざるを得ない必要性から、⾃然エネルギーを活⽤する⼈々の暮らしが循環型であることは驚くべき事実である。
あなたの知らないもう⼀つの北朝鮮の姿が明らかになる。

2018 年6 ⽉30 ⽇(⼟)シアター・イメージフォーラムほか全国順次ロードショー

2016 年/109 分/ドイツ・北朝鮮
監督:チョ・ソンヒョン 配給:ユナイテッドピープル
オフィシャルサイト:http://unitedpeople.jp/north/
上映スケジュール(上映映画館 随時更新):http://unitedpeople.jp/north/scr
朴壽南(パク スナム)監督特集
朴壽南(パク スナム)特集

1948年の朝鮮学校が強制的に閉鎖された「4・24阪神教育闘争」から70周年を迎えた今年、
在日の抱える問題に正面から取り組んで来た朴壽南監督のドキュメンタリー映画を上映し、
その業績を振り返る。

「ぬちがふう(命果報) 玉砕場からの証言」

朝鮮半島から強制的に沖縄の戦場に連行された若者たち、
前線の慰安所につながれ名もわからないまま死んでいった少女たちの存在を探す旅は、
沖縄人自身の戦争体験の深い傷と沈黙との出会いでもあった。

「もうひとつのヒロシマ アリランのうた」

広島で七万人、長崎で三万人にも上るといわれながら、
これまで日本国政府ばかりか、南北朝鮮の政府からも棄民され続けてきた
朝鮮人原爆被爆の実態に初めて光をあてたドキュメンタリー。

「アリランのうた オキナワからの証言」

映画『もうひとつのヒロシマ』(1986年)­に続く朴壽南の第2作目。
1989年から韓国の元「軍属」や沖縄の住民など100人以上を取材し、
日本軍による朝鮮人の虐殺や、沖縄戦における「慰安婦」の存在を浮き彫りにさせた長編ドキュメンタリー。

◆上映映画及び上映日時
 
「ぬちがふう(命果報) 玉砕場からの証言」
7月7日(土)13:30 16:00
7月8日(日)13:30 16:50 (監督講演 15:50)

「もうひとつのヒロシマ アリランのうた」
7月21日(土)13:30
7月22日(日)13:30 

「アリランのうた オキナワからの証言」
7月21日(土)14:50
7月22日(日)14:50


◆会場
神戸映画資料館【アクセス】
神戸市長田区腕塚町5丁目5番1-201 
アスタくにづか1番館北棟2階
JR新長田駅から南へ6分、大正筋商店街北東角


◆料金
1作品につき 一般:1400円 学生:1000円
会場の定員38席につき満席の場合は入場できないこともあります。


◆問合せ
神戸映画資料館
Email:info@kobe-eiga.net Tel: 078-754-8039
【神戸映画資料館公式サイト】

韓国現代傑作戯曲上演 『満州戦線』
流山児★事務所が『代代孫孫2016』に続いて放つパク・グニョン作品 第2弾
日本統治下の朝鮮半島で、強烈な火花を散らした若者たちの人生とは…


作:パク・グニョン[劇団コルモッキル]
翻訳:石川樹里
上演台本・演出:シライケイタ[温泉ドラゴン]
芸術監督:流山児祥



内容
1943年3月、満州の首都・新京。
朝鮮から満州に渡り、満州国陸軍軍官学校(実質的には、大日本帝国陸軍士官学校)を卒業したアスカの卒業を祝うために、朝鮮人の友人たちが集う。彼らは満州でそれぞれ、働きながら暮らしており、みな日本名を持ち、その名前で呼び合う。祖国独立のために戦う運動家たちを匪賊と呼んで憎悪し、アスカの妹が持ってきた朝鮮の味噌壺は虫が湧いて非衛生的だと扱き下ろし、日本の有田焼を尊ぶ。有田焼は豊臣秀吉の朝鮮出兵の際に連れられてきた朝鮮陶工が作ったという歴史認識もないままに。そして市役所で働くヨシエは日本人上司との不倫がばれて、リンチにあっても、日本人と結婚し、日本人の子を生み育てることを願うのであった。
満州という新天地で五族協和を信じ、日本人として生きた朝鮮の人々の歴史から現代社会を照射する。


出演
伊藤弘子
清水直子[俳優座]
みょんふぁ(洪明花)
いわいのふ健 [温泉ドラゴン]
カゴシマジロー[TRASHMASTERS]
木暮拓矢


日時
7月11日(水)〜7月16日(月・祝)
11(水) 19:00
12(木) 19:00
13(金) 14:00
14(土) 14:00/19:00
15(日) 14:00/19:00
16(月・祝) 14:00
当日券の販売は開演の60分前より、開場は開演の30分前より
★7/13(金)の終演後、作家パク・グニョン氏を迎えてアフタートークを開催


場所
下北沢ザ・スズナリ【MAP】
小田急線・京王井の頭線「下北沢」駅 北口改札より徒歩4〜5分
*下北沢の駅構内が、変わっています。通い慣れている方は、お気をつけください。
155-0031東京都世田谷区北沢1-45-15
TEL.03-3469-0511


チケット
全席指定
・一般……4,000円
・学生、U25(25歳以下)……2,800円
・留学生割引……2,000円
・高校生以下……1,000円
・Ryu‘s会員割引……3,200円
割引チケットは、流山児★事務所のみ。学生証や年齢を確認できるものを提示。

※チケット取扱い
【チケットぴあ】5/25(金)10:00〜
0570-02-9999 (Pコード486-037)

【イープラス】プレオーダー受付期間:5/1(火)〜14(月)
 
▼ ザ・スズナリ 5/25(金)11:00〜 TEL.03-3469-0511(予約のみ)

【カルテット・オンライン】 5/25(金)0:00〜


主催
流山児★事務所


問合せ
流山児★事務所TEL/03-5272-1785(平日13時〜17時)Email mail@ryuzanji.com
http://www.ryuzanji.com/

  年       <今日>
公益財団法人 日韓文化交流基金|プライバシーポリシー