トップページ > 事業 > 韓国訪問団・日韓文化交流基金賞 > 日韓文化交流基金賞 受賞者

日韓文化交流基金賞 受賞者


第18回(2017年度)受賞者

沈揆先(シム・ギュソン)氏  東亜日報顧問
東亜日報東京特派員・支局長を歴任され、以後、論説委員時代には、日韓関係に関する多くのコラムを執筆。日本の立場を十分に理解しつつ、互いが相手の立場を尊重することによる問題解決を訴えてこられました。2016年からは「和解・癒し財団」の理事を務めた他、「日韓交流おまつり」実行委員、日韓フォーラム運営委員等、多数の日韓関連団体への参加を通じ、両国関係発展のために貢献されています。

 

金惠英(キム・ヘヨン)氏  KBSラジオ国際放送日本語放送プロデューサー/アナウンサー
KBSの国際放送で30年にわたり日本語放送を担当。日本に対するバランスのとれた理解と認識をもとに番組制作にあたり、日本のリスナーの韓国理解を深めるとともに、リスナーとの交流行事等を通じて、韓国における日本理解にも貢献した。2002年から担当している『金曜座談会』は、日韓双方のジャーナリストが時事問題をテーマに定期的に意見を交換するもので、両国メディアの視点の違いを通じて、真の理解を目指す場としても高く評価されています。

 

釜山国際写真交流協会
会長:金永白(キム・ヨンベク)氏 韓国写真作家協会推薦作家
1998年に長崎県対馬支庁主催の日韓交流写真展への参加したことをきっかけに、以後釜山と対馬で交互に写真展を開催。あわせて写真展を通じた大規模な交流団の相互訪問を実施し、写真を通じた日韓間の理解にも貢献されてきました。2013年からは、米国、中国の団体を加えて交流の規模を拡大し、大きな枠組みの中で日韓の友好に大いに寄与されてきました。

これまでの受賞者一覧

第1回(1999年度)
金洙容(キム・スヨン)氏(映画監督)
任華公(イム・ファゴン)氏(華道家)
田溶新(チョン・ヨンシン)氏(高麗大学校名誉教授)

第2回(2000年度)
金梅子(キム・メジャ)氏(舞踊家・創舞芸術院理事長)
曺良旭(チョ・ヤンウク)氏(出版人・ベターブック代表、日本文化研究所所長)
洪性穆(ホン・ソンモク)氏(ジャーナリスト・漢拏日報論説顧問)

第3回(2002年度)
金徳洙(キム・ドクス)氏(サムルノリ奏者・国立韓国芸術綜合学校伝統芸術院教授)
金利恵(キム・リヘ)氏(舞踊家・ハヌルリム芸術団舞踊監督)
李世煥(イ・セファン)氏(国楽奏者・国立国楽院指導委員)
鄭雲在氏(チョン・ウンジェ)(書道家・国際交流書道協会会長)

第4回(2003年度)
姜英姫(カン・ヨンヒ)氏(韓日女性親善協会副会長・フルート奏者)
高松久(コ・ソング)氏(釜山韓日文化交流協会理事長)
尹東赫(ユン・ドンヒョク)氏(Green Star Production代表)

第5回(2004年度)
閔庚燦(ミン・ギョンチャン)氏(韓国芸術綜合学校音楽院副院長、教授)
朴裕河(パク・ユハ)氏(世宗大学校日語日文学科助教授)
朴銓烈(パク・ジョンニョル)氏(中央大学校日語日文学科教授)

第6回(2005年度)
姜南周(カン・ナムジュ)氏(社団法人朝鮮通信使文化事業会執行委員長)
金光林(キム・グァンリム)氏(詩人)
李賢起(イ・ヒョンギ)氏(帝京大学文学部国際文化学科教授)

第7回(2006年度)
金暎珠(キム・ヨンジュ)氏(江原道立芸術団団舞長)
金照雄(キム・ジョウン)氏(時事日本語学院院長)
金春美(キム・チュンミ)氏(高麗大学校日語日文学科教授)

第8回(2007年度)
金蘭周(キム・ナンジュ)氏(翻訳家)
李相喆(イ・サンチョル)氏(済州特別自治道韓日親善協会名誉会長)
韓国日本語教育研究会

第9回(2008年度)
金容雲(キム・ヨンウン)氏(韓日文化交流会議座長)
李承信(イ・スンシン)氏(孫戸妍記念事業会理事長、ギャラリー・ザ・ソーホー代表)
李始東(イ・シドン)氏(社団法人釜山韓日文化交流センター理事長)

第10回(2009年度)
白仁天(ペク・インチョン)氏(SBSメディアネット野球解説委員)
徐淵昊(ソ・ヨノ)氏(韓国芸術綜合学校伝統芸術院客員教授、高麗大学校名誉教授)
徐賢燮(ソ・ヒョンソプ)氏(長崎県立大学国際情報学部国際交流学科教授)

第11回(2010年度)
張済国(チャン・ジェグッ)氏(東西大学校副総長)
曺聖奎(チョ・ソンギュ)氏((株)SPONGE. ENT代表)
洪夏祥(ホン・ハサン)氏(ノンフィクション作家)

第12回(2011年度)
金順姫(キム・スンヒ)氏(翻訳家、前梨花女子大学校通訳翻訳大学院韓日科兼任教授)
鮮于鉦(ソヌ・ジョン)氏(朝鮮日報編集局産業部次長)
申惠璟(シン・ヘギョン)氏(西江大学校文学部日本学主任教授)

第13回(2012年度)受賞者
鄭求宗(チョン・グジョン)氏(東西大学校碩座教授・日本研究センター所長)
金青子(キム・チョンジャ)氏(蔚山広域市文化観光解説士会副会長)
崔光準(チェ・クアンジュン)氏(新羅大学校人文社会大学外国語学部日語日文学科教授)

第14回(2013年度)受賞者
韓美卿(ハン・ミギョン)氏(韓国外国語大学校日本語大学教授)
田月仙(チョン・ウォルソン)氏(声楽家/ソプラノ歌手)
柳在順(ユ・ジェスン)氏(インターネット新聞「JPニュース」「KRニュース」代表)
一徒初等学校(イルト小学校)(受賞時代表:高雲進校長)

第15回(2014年度)受賞者
魯成煥(ノ・ソンファン)氏(韓国外国語大学校日本語大学教授、蔚山大学校人文大学日語日文学科教授)
盧在賢(ノ・ジェヒョン)氏(中央books 代表)
宋東根(ソン・ドングン)氏(文化日報社会部次長)

第16回(2015年度)受賞者
金寿姙(キム・スイム)氏(元昌徳宮楽善斎奉仕室長)
金升澤(キム・スンテク)氏(漢拏ウィンドアンサンブル音楽監督兼指揮者)
安秉坤(アン・ビョンゴン)氏(慶尚大学校師範大学学長)

第17回(2016年度)受賞者
碧雲 金泰定(キム・テジョン)氏(俳人・韓国外国語大学校名誉教授)
許文明(ホ・ムンミョン)氏(東亜日報論説委員)
朝鮮通信使学会