日韓歴史共同研究委員会

日韓関係史につき調査・研究を行うため、日韓双方の学者・専門家によって構成された共同研究委員会です。
2001(平成13)年10月の日韓首脳会談における合意に基づいて 2002(平成14)年5月に第1期の委員会が発足し、古代史、中近世史、近現代史の3つの分科会にわかれて共同研究を進め、2005(平成17)年6月に報告書を公開しました。
さらに、2007(平成19)年6月に第2期の委員会が発足し、第1期と同様に古代史、中近世史、近現代史の3分科会に加え、教科書小グループを新しく設置して共同研究を進め、2010(平成22)年3月に報告書を公開しました。

第1期日韓歴史共同研究報告書 全体会議篇(日本語)

第1期日韓歴史共同研究報告書 全体会議篇(韓国語)

目次 日本語
はじめに 日本語 韓国語
論 文
4世紀の日韓関係 濱田耕策 日本語 韓国語
4世紀の韓日関係史-広開土王陵碑文の倭軍問題を中心に- 金泰植 日本語 韓国語
5世紀の日韓関係-倭の五王と高句麗・百済- 石井正敏 日本語 韓国語
5世紀の韓日関係史-『宋書』倭国伝の検討- 盧重国 日本語 韓国語
六世紀の倭と朝鮮半島諸国 佐藤信 日本語 韓国語
6世紀の韓日関係-交流のシステムを中心に- 金鉉球 日本語 韓国語
座談会記録
4世紀の日韓関係史をめぐって 日本語 韓国語
5世紀の日韓関係史をめぐって 日本語
6世紀の日韓関係史をめぐって 日本語
新しい古代日韓関係史研究に向けて 日本語
共同研究を終えて
共同研究を終えて 濱田耕策 日本語 韓国語
4世紀の韓日関係に対する歴史認識の共通点と相違点-第1分科共同研究後記に代えて- 金泰植 日本語
共同研究を終えて 石井正敏 日本語
第1分科の活動を終えて-座談会と研究内容に対する批評 盧重国 日本語
共同研究を終えて 佐藤信 日本語
共同研究を終えて 金鉉球 日本語
活動記録 日本語 韓国語
編集後記 日本語 韓国語

 

目次 日本語
研究委員・研究協力者名簿 日本語 韓国語
活動報告 日本語
第1部 日本側報告
はじめに 日本語 韓国語
第1篇 学説史
偽使 田代和生/六反田豊・吉田光男・伊藤幸司・橋本雄・米谷均 日本語 韓国語
文禄・慶長の役(壬辰倭乱) 六反田豊/田代和生・吉田光男・伊藤幸司・橋本雄・米谷均・北島万次 日本語 韓国語
朝鮮通信使(中世編)(近世編) 吉田光男/田代和生・六反田豊・伊藤幸司・橋本雄・米谷均 日本語 韓国語
第2篇 主題論文
日朝関係における偽使の時代 討論記録 伊藤幸司 日本語 韓国語
朝鮮国王使と室町幕府 討論記録 橋本雄 日本語 韓国語
朝鮮侵略前夜の日本情報 討論記録 米谷均 日本語 韓国語
文禄・慶長の役(壬辰倭乱)開戦初期における朝鮮側の軍糧調達とその輸送 討論記録 六反田豊 日本語 韓国語
第3篇 補論
日本における韓国中近世史研究教育基盤―大学・学界・研究工具― 吉田光男 日本語 韓国語
朝鮮国書・書契の原本データ 田代和生 日本語 韓国語
第2部 韓国側報告
序文 日本語 韓国語
第1篇 研究史整理論文
偽使研究の現況と課題 韓文鍾 日本語 韓国語
壬辰倭乱(文禄・慶長の役)研究の現況と課題 朴晢晄 日本語 韓国語
通信使研究の現況と課題 張舜順 日本語 韓国語
第2篇 主題発表論文
朝鮮前期の倭人統制策と通交違反者の処理討論記録 韓文鍾 日本語 韓国語
壬辰倭乱の歴史的意味-壬辰倭乱に対する韓・日両国の歴史認識-討論記録 鄭求福 日本語 韓国語
朝鮮後期における対日外交使行と倭学訳官討論記録 洪性徳 日本語 韓国語
中・近世の韓日関係史に関する認識の共通点と相違点討論記録 孫承喆 日本語 韓国語
第3篇 付録論文
通信使に関する韓国学界の研究成果と争点事項 趙珖 日本語 韓国語

 

第1部 1910年以前の近代日韓関係
第1章 日韓間の条約問題
第3分科報告書発刊に寄せて 日本語 韓国語
研究委員・研究協力者名簿 日本語 韓国語
総目次 日本語
活動報告 日本語 韓国語
日韓間の諸条約の問題―国際法学の観点から 坂元茂樹 批評文(金度亨)、執筆者コメント 日本語 韓国語
乙巳条約・韓国併合条約の有・無効論と歴史認識 鄭昌烈 批評文(原田環)、執筆者コメント 日本語 韓国語
(補論)1900年代初、韓日間諸条約の不成立再論 李相燦 批評文(原田環)、執筆者コメント 日本語 韓国語
第2章 東アジア国際関係とその近代化
東アジアの国際関係とその近代化―朝鮮と越南― 原田環 批評文(金度亨)、執筆者コメント 日本語 韓国語
近代東アジア国際秩序と近代化 張寅性 批評文(原田環)、執筆者コメント 日本語 韓国語
第3章 日清・日露戦争と朝鮮半島
露朝関係と日清戦争 佐々木揚 批評文(金度亨) 日本語 韓国語
20世紀初日本の大陸政策と韓国問題 趙明哲 批評文(原田環)、執筆者コメント 日本語 韓国語
第2部 日本の植民地支配と朝鮮社会
第4章 植民支配の構造と朝鮮人の対応
植民地統治と朝鮮人の対応 森山茂徳 批評文(鄭在貞) 日本語 韓国語
日帝の朝鮮強占と韓国の独立運動 徐仲錫 批評文(森山茂徳)、執筆者コメント 日本語 韓国語
第5章 植民支配と社会変化
日中戦争前後の朝鮮における「科学的経営法」の導入 木村健二 批評文(鄭在貞)、執筆者コメント 日本語 韓国語
韓国「新女性」と「近代」の出会い 井上和枝 批評文(鄭在貞) 日本語 韓国語
京城の五大百貨店の隆盛と、それを支えた大衆消費社会の検証―主として昭和初期から同15年前後まで― 林廣茂 批評文(鄭在貞)、執筆者コメント 日本語 韓国語
植民地都市イメージと文化現象―1920年代の京城― 全遇容 批評文(森山茂徳)、執筆者コメント 日本語 韓国語
第6章 植民支配と経済変化
日本資本主義と植民地経済―貿易面から見た特質 堀和生 批評文(鄭在貞)、執筆者コメント 日本語 韓国語
日帝下朝鮮経済の発展と朝鮮人経済 許粹烈 批評文(森山茂徳)、執筆者コメント 日本語 韓国語
第7章 戦時体制下の総動員
総力戦体制期の朝鮮半島に関する一考察―人的動員を中心にして― 木村幹 批評文(鄭在貞)、執筆者コメント 日本語 韓国語
日帝下朝鮮における国家総力戦体制と朝鮮人の生活―「皇国臣民の錬成」を中心に― 鄭在貞 批評文(森山茂徳)、執筆者コメント 日本語 韓国語
第8章 朝鮮駐屯日本軍
朝鮮駐屯日本軍の実像:治安・防衛・帝国 戸部良一 批評文(鄭在貞)、執筆者コメント 日本語 韓国語
朝鮮侵略と支配の物理的基盤としての朝鮮軍 姜昌一 批評文(森山茂徳) 日本語 韓国語
第3部 1945年以後の日韓関係
第9章 日韓国交正常化
日米韓安保提携の起源
―「韓国条項」前史の解釈的再検討― 倉田秀也 批評文(金聖甫)
日本語 韓国語
(補論)日韓基本関係条約をめぐる論議 塚本孝 批評文(金聖甫) 日本語 韓国語
韓日協定と韓日関係の改善の方向 兪炳勇 批評文(小此木政夫) 日本語 韓国語
第10章 日韓経済関係
戦後日韓経済関係の形成における両国財界人の役割 柳町功 批評文(金聖甫) 日本語 韓国語
1950年代の韓日経済関係―韓日貿易を中心に― 丁振聲 批評文(小此木政夫)、執筆者コメント 日本語 韓国語
第11章 日朝関係の諸問題
戦後日朝関係の展開―解釈的な検討― 小此木政夫 批評文(金聖甫)、執筆者コメント 日本語 韓国語
東北アジアにおける脱冷戦の環(リング)、
朝日国交正常化交渉の歴史と限界 都珍淳 批評文(小此木政夫)、執筆者コメント
日本語 韓国語
(補論)戦後の東北アジア秩序と朝日関係批評文(小此木政夫) 金聖甫 日本語 韓国語
第4部 研究の成果と相互認識
第12章 近代日韓関係研究史
日本における近現代日韓関係史研究 永島広紀 日本語 韓国語
近現代韓日関係研究史―日本人の韓国史研究を中心に― 李萬烈 日本語 韓国語
第13章 近代日韓間の相互認識
「相互認識」 東アジア・イデオロギーと日本のアジア主義 古田博司 日本語 韓国語
開港後近代改革論の動向と日本認識 金度亨 日本語 韓国語

メンバー

日本側 韓国側
座  長 三谷 太一郎
東京大学名誉教授
趙 東 杰
国民大学校 名誉教授
第1分科
(古代)
石井 正敏
中央大学文学部教授
佐藤 信
東京大学大学院人文社会系研究科 教授
濱田 耕策
九州大学大学院人文科学研究院 教授
金 泰 植
弘益大学校師範大学 教授
金 鉉 球
高麗大学校師範大学 教授
盧 重 国
啓明大学校人文大学 教授
第2分科
(中近世)
田代 和生
慶應義塾大学文学部 教授
吉田 光男
東京大学大学院人文社会系研究科 教授
六反田 豊
東京大学大学院人文社会系研究科 助教授
孫 承 喆
江原大学校人文大学 教授
鄭 求 福
韓国学中央研究院韓国学大学院 院長
趙 珖
高麗大学校文科大学 教授
第3分科
(近現代)
小此木 政夫
慶應義塾大学法学部 教授
原田 環
県立広島大学人間文化学部 教授
古田 博司
筑波大学大学院人文社会科学研究科 教授
森山 茂徳
首都大学東京都市教養学部 教授
鄭 在 貞
ソウル市立大学校人文大学 教授
李 萬 烈
国史編纂委員会委員長
金 度 亨
延世大学校文科大学 教授
金 聖 甫
延世大学校文科大学 副教授

(職位は第1期終了時)

これまでのあゆみ

2002.5.25

日韓歴史共同委員会発足、第1回全体会議

2002.11.30

第2回全体会議

2003.5.24

第3回全体会議

2003.11.29

第4回全体会議

2004.6.4

第5回全体会議

2005.3.26

第6回全体会議

2005.6

日韓歴史共同研究報告書公開

過去の実績