基金創立40周年プレ企画 「ポストコロナの日韓交流 ~新しい世界をめざして~」 (交流支援制度)募集について

 当基金では、令和4(2022)年度下半期に実施される、日韓間の草の根交流事業等を対象に上限額300万円の支援を行います。

 新型コロナウイルス感染症の影響はまだしばらくの間続きそうですが、他方で日韓間の人的往来の門戸は、徐々に開かれつつあります。このような状況を踏まえ、新たな交流プログラムやコロナ禍の経験を生かしてバージョンアップした事業を企画し、今後の日韓交流の機運を高めてくださる団体・グループを募集します。

(支援事業イメージ)

●ポストコロナ時代の日韓交流のモデルとなるような交流事業で、市民が主人公となり、できるだけ多くの参加者が裨益できるもの。
 例:市民参加型の草の根交流として、対面とオンラインの両方の形式を取り入れるなど、持続的な実施が可能なプログラム(交流会、ワークショップなど)。

●日韓間の新しい草の根交流のあり方を示し、これから先、日韓交流に取り組もうとする人々に参考となる取組み。
 例:交流実施団体の実務者や関連分野の有識者などが参加し、「新時代の日韓交流のあり方」をテーマに議論するシンポジウムなど。

●これからの日韓関係を担う若者世代や日韓両国の未来のために役立つ目的・テーマの下実施される企画。
 例:若者による日韓の共通課題(少子高齢化、環境問題、就職問題、政治・外交、防災など)をテーマとしたワークショップなど。

応募締め切り:令和4(2022)年8月19日(金) 17:30まで

応募方法:以下の3つの手順が必要です。

①企画書の作成(文末のリンクよりダウンロードしてください)

②専用フォームへの情報入力・送信
(企画書内に記されたURLから専用サイトにアクセスしていただきます)
 整理番号の発行(情報が送信されると電子メールで整理番号をお知らせします)

③企画書に整理番号を入力し、企画書を関連する資料とあわせてメールで送信する。
 (メールアドレスは、「②情報送信」後に送信される電子メールに記載されています)

すべての手順が完了しないと応募ができません。
詳しくは以下をご覧ください。

公募説明書(PDF) (新しいウインドウで表示されます)

企画書(Word) ダウンロード